『聲の形』漫画全巻無料はzip・rar・漫画村でダウンロードよりココ

聲の形 漫画 全巻無料 zip rar ダウンロード
スポンサーリンク
Pocket

今回は、漫画『聲の形』全巻無料ダウンロードをzip・rar・漫画村でするより、安全に全巻を今すぐ読める方法をご説明していきます。

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。

耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。

人の奥底に眠る嫌な部分、子供だからこそ浮き彫りになってしまう無邪気ゆえの残酷さ。

人の気持ちというものは、強くて脆いく美しい。

主人公はその苦悩と向き合い、もがきながら自分の存在や周囲の人たちとの繋がりを取り戻していきます。

読みながら共感し、涙が溢れるそんな作品に出会ってみたいと思いませんか?

それでは、漫画『聲の形』全巻無料ダウンロードをzip・rar・漫画村でするより、安全に全巻を今すぐ読める方法をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください!

漫画『聲の形』全巻ってどんな作品?

聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開します。

また、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれた作品です。

物語は2人が小学校時代における出会いの回想から始まることになる。

舞台となる地名は架空のものが用いられるが、作中に描かれる風景は主に岐阜県大垣市をモデルとしています。

本作は、作者が専門学校時代に投稿した漫画の結果待ちをしている間に描いていた作品でもあります。

その着想は、作品の投稿当時から現在に至るまで育っているテーマ「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」の答えを作者自身が見つけ出せなかったため、「読者に意見を聞いてみたい」という気持ちで描いたといいます。

その後、読みきりが掲載されて議論が起こった際には「嬉しかった」と感想を述べています。

また、手話通訳者でもある作者の母親からの協力もあり、劇中では手話の場面が多く描かれています。

 

登場人物

 

石田 将也(いしだ しょうや)

本作品の主人公。
小学生時代の将也は粗暴なガキ大将タイプの少年。

耳の聞こえない硝子に、好奇心からいじめを行ってしまう。

元々、退屈を極度に嫌い、それに対抗するかのように河川に飛び込んだり自分より体格の大きな者に喧嘩を売ったりするなど度胸試しを好む悪癖がある。

硝子へのいじめもその延長線上に過ぎなかったのだが、それがあまりに度を過ぎたものになって学級裁判にかけられ、クラスから断罪される。


興味本位の行動が人を傷つけてしまうなんて思ってもなかったんだろうな・・・。

 

西宮 硝子(にしみや しょうこ)

本作品のヒロインで、先天性聴覚障害を持つ少女。

障害の程度は重く、補聴器をつけても会話はほとんど聞き取れず、発話も不完全で他者には内容が聞き取りづらい。
母親の方針もあって、小学校は特別支援学校ではなく普通校でのインクルージョン教育を選択する。

しかし、度重なるいじめを受け、将也のいた水門小学校のあとは、同校での担任だった竹内からの強い勧めもあって特別支援学校に移った。


障害のある子が、普通学級で過ごすということはこんなにも大変なんだということを始めて知りました。


スポンサーリンク



作者は大今良時

小学生時代、兄が購入した高田裕三の漫画作品『3×3EYES』とゲームの『クロノ・トリガー』が好きで、それらの作品のキャラクターを模写していたという。

小・中学校時代はコピー用紙に描き、高校時代に初めて原稿用紙に描き始めたそう。

高3のときに『週刊少年マガジン』のMGP(マガジングランプリ)に初投稿したという。

そのときに少年雑誌の決まり事で、ペンネームを男性風にしたといいます。

2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した「聲の形」で入選。

同作は当初、増刊『マガジンSPECIAL』2008年12月号に掲載される予定であったが編集部内の異論を理由に延期となる。

2009年より『別冊少年マガジン』で冲方丁の同名小説を原作とする「マルドゥック・スクランブル」の連載によりデビューした。

2013年、入選作品をリメイクした読み切り「聲の形」が『週刊少年マガジン』12号に掲載され、同年8月7日の週刊少年マガジン36・37合併号より同作の週刊連載が開始。

2014年、大垣市文化連盟賞(生活文化部門)受賞している。

2015年には、 手塚治虫文化賞新生賞受賞と第12回 大垣市民大賞受賞している。

 

全部で何巻なの?

最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された。

『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載されており、単行本は全7巻。

2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位、『マンガ大賞2015』で第3位を獲得し、第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。

 

漫画『聲の形』第1巻ってどんな内容なのか確認

西宮の後ろの席になった将也は、興味本位で西宮をからかいます。

からかうというより実験とか観察とかそういった興味の示し方、大声で驚かせてどのくらいの大きさなら聞こえるかとか・・・。

クラスの皆も将也の真似して悪いこととは思いつつも一緒に西宮をからかい始めます。

聞こえないことを良いことに普段なら言えないようなことも、”西宮になら平気で言えてしまう”ということが、皆の罪悪感を麻痺させてしまっていたようです。

国語の朗読の授業で、植野は自分だけが先生から声が小さいと怒られて、西宮が聞き取れない発音で朗読しても何も言わないことに不満を抱えます。

その後、将也は耳の聞こえない西宮のマネをして朗読することで皆の笑いを引き出します。

先生に呼び出されて西宮をからかったことを叱られた石田は、先生からの「仕方の無いこと」はあるという言葉がずっと気になってしまいます。

西宮からの質問を丁寧にノートに書いて答えてあげる植野は、先生が喋っているときにまた聞かれて今度は自分が先生の言っていることを聞き逃してしまいます。

西宮が先生にあてられると、ノートに書いてから答えるので、人より時間が掛ってしまい、授業は遅れ気味。

将也は西宮を見かけて、「お前さあ― このままじゃうざがられちゃうよ?」と声かけますが、それもノートで筆談しないと伝わりません。

合唱コンクールに向けての練習で音程のとれない西宮に驚く生徒たち。

将也は「オンチなんだから唄ってるふりしとけよ!」と今度はノートに書きます。

きっと仕方の無いこと……

ほんとにそーなのか???教えてあげる手間、授業が遅れること、音痴につきあわされること…

聞こえの教室の喜多先生が、クラスの皆に西宮の為に手話を覚えようと提案したときに、植野はなぜ筆談じゃだめなのか質問してしまいます。

彼女はこれまでも一生懸命西宮のノートで筆談をしてあげてたんです。

しかし、植野の方が屁理屈をこねていると喜多先生から言われてしまいますます不満が溜まってしまいます。

クラスの皆も手話を覚えようという提案には乗り気じゃありませんでした。

喜多先生本人も手話ができないのに、生徒に先に覚えさせようとするのでは、生徒はついてこないと担任の竹内先生からも指摘され、この話は今回はやめようとなりました。

そこへ、佐原が皆の代わりに自分が手話を覚えると提案。

皆からは拍手をされますが、植村は面白くありません。
植村からポイント稼ぎとののしられ、陰口をたたかれてしまいます。

そんなこともあり、佐原は学校に来なくなってしまいました。

将也は西宮の正体が分かった気がしました。

西宮はクラスに実害をもたらす邪魔者だと…。

ここから石田将也の西宮硝子へのいじめが始まります。

手段は何でもいい、事実を伝えて何とかしなければ。

クラスの危機を救うために、邪魔者の西宮に自分のしていることを本人にわからせようと、黒板に西宮へのメッセージを書き込みます。

「合唱コンおめでとう。西宮さんのおかげで入賞逃したよ。オンチは歌うな…..」

将也は誰よりも強い行動力と一種の義務感・正義感から始めたことが、次第に陰湿ないじめへと発展していく瞬間でした…。


興味本位の無邪気な行為が、誰かを傷つけてしまったりしてることってあるんですよね。それが招いた最悪の結果。この先の展開が気になりますね!

 

第1巻を読んでみた感想

最初に想像していたのは、障害を乗り越えたラブ的ななお涙頂戴系なのかな?と思っていました。

しかし、それとはぜんぜん違い人間の奥底のいやな部分がリアルに描かれた作品で、そこが逆に凄く好きになりました。

登場人物たちのキャラクターがリアルで、誰かに自分を重ね合わせてしまう人も多いのではないかと感じました。

私は、認めたくはないですが多分 川井かな?

読む前は、「声なき人の声を聞く話」かと思っていたのですが、主人公たちが「自分の内なる声と向き合う話」なのかな?と思いました。


スポンサーリンク



漫画『聲の形』全巻の口コミ・感想は?

20代 男性

20代 男性
これは、なんだか心をえぐられる話でした。これ以上は辛いから読みたくないけど、続きが気になる。そんなマンガでした。
30代 男性

30代 男性
障害やいじめがテーマに置かれているので、優しいタッチだが、かなり重たい作品。心理描写が上手で、読んでいると距離を保とうと思ってもかなり心を揺さぶられてしまう。読んですっきりする感じは全くないが、一気に読み進めてしまえる良著。
20代 女性

20代 女性
人と人との絶妙な関係性が見事に描かれている。人の心はわからない。でもだからこそ知ろうともがく。とても心に来る物語だった。素晴らしい。

 

Twitterの口コミもCHECK!

 

漫画『聲の形』全巻を無料で読める方法とは?

『聲の形』漫画全巻無料はzip・rarでダウンロードよりココ

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ラフ』全巻を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは漫画タイトル数No.1のeBookJapan(イーブックジャパン)になります。

eBookJapan(イーブックジャパン)は、無料漫画だけでも9000タイトルもあり、対象の漫画を1冊無料で読む事ができる漫画好きの味方とも言える電子書籍アプリになります!

もちろんスマホ・タブレット・PCなど、通勤・通学中やちょっとした合間に読む事ができます!

随時お得なキャンペーンを実施していますがいつまでキャンペーンをしているかも分からないので、是非とも早めにご利用してみて下さいね!

>>公式HPはこちら<<

 

eBookJapan利用者の口コミをCHECK!

>>eBookJapanを利用する<<

 

聲の形 全巻無料 zip rar ダウンロード まとめ

漫画『聲の形』全巻無料ダウンロードをzip・rar・漫画村でするより、安全に全巻を今すぐ読める方法をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

現代社会におけるなくならない闇である”いじめ”原因はほんの些細なことから始まってしまう。

漫画『聲の形』では、それが障害のある女の子だったというだけ。

それはただのきっかけに過ぎず、子供の好奇心から来る”いじめ”には悪気なんてものがないから余計に残酷。

いじめた側、いじめられた側、いじめに同調してしまった側、それぞれの心に刺さってしまったわだかまり。

いじめの中心だった人物が、突如立場が一転していじめられる側に立ってしまった時の絶望的な孤立無援状態。

人との心を学べる深い作品であることには間違いありません。

これを読み終えた後に残るものが何なのか、自分の目と心で確認して欲しい作品です。

この機会に是非、人の心を描いた漫画『聲の形』を読んでみてください!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドカベン プロ野球編 全巻無料 zip rar ダウンロード

『ドカベン プロ野球編』全巻無料をzip・rarでダウンロードより断然ココ

ダイの大冒険 漫画 全巻無料 zip rar ダウンロード

『ダイの大冒険』漫画全巻無料はzip・rarでダウンロード可能?!

ミスミソウ 全巻無料 zip rar ダウンロード

ミスミソウ全巻無料はzip・rarでダウンロードできない?

今日から俺は 漫画 全巻無料 zip rar ダウンロード

『今日から俺は』漫画全巻無料をzip・rarでダウンロードはすぐ読めない?

岳 全巻無料 zip rar ダウンロード

『岳 みんなの山』全巻無料はzip・rarでダウンロードで読めない?

ドラゴン桜 全巻無料 zip rar ダウンロード

『ドラゴン桜』全巻無料はzip・rarでダウンロード可能?