ダイヤのA最新121話ネタバレ・感想!青道高校のスタメンは?!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話
スポンサーリンク
Pocket

2018年4月25日発売の週間少年マガジン掲載漫画『ダイヤのA』最新121話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

小野の怪我というアクシデントに見舞われてしまった青道。

それにより、固定だったはずのスタメンが、全員入れ替えという事になりました。

そして、奥村がスタメンで由井もチャンスが巡ってきそうな展開になってきました。

由井は、後半から使うとの事でしたので、まずは”沢村・奥村”ということのようです。

沢村の”お前のミットを信じて投げる”という言葉で光を戻した奥村とのバッテリーの活躍を期待したいところですね!

それでは今回は、2018年4月25日発売の週間少年マガジン掲載漫画『ダイヤのA』最新121話のネタバレ・感想をお届けしていきます。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのA』前回のあらすじのおさらい

対山守学院戦は惜敗してしまった。

小野は監督に診断結果を報告する。

やはり骨折だったようで、完治には5・6週間・・・。

「そうか・・・なら大会中には間に合うな。しっかり治して戻って来い。」

「・・・はい・・・」

小野の肩に手を置く監督それに対し、返事を返す小野。

監督は次の試合の指示します。

今日の試合はスタメン固定だったはずだが、全員入れ替えという事になった。

スタメンは、山口、木島、中田、樋笠レフトは三村、センターに麻生、ライトに結城将司ということになった。

相手は愛知の雄、西寺監督率いる西邦高校、去年の佐野のような大型スラッガーはいない。

とはいえ、上位から下位まで全員が球足の速い打球を飛ばして来るため、勢いづくと止められないマシンガン打線を得意としている。

山守学院に劣らぬ強敵なのは確かだ。

場面は変わって、明神大学での日本 対 米国。

マウンド上では梅宮とベンチが、一緒に叫んでいた。

「どらぁ!!」

アメリカチームは、意味がわからず困惑気味?

「DORA?」

キャッチャーは御幸だ。

(パワーカーブ。これをスローカーブと同じ振りで投げられたら打者はたまんねえだろうな。)

梅宮
(お前には打たれたけどな。忘れてねえぜ!!)

そして、梅宮は投げた!外角低めのいいコースをうまくすくいあげられた!

長打コース!!

現在2回表で、スコアは0-0のままだ。

場面は戻りまして、西邦先攻で試合が始まり、変則のダブルヘッダー第3試合。

先発は沢村だ。

なにやら西邦の選手たちが話し合っている様子。

青道の沢村栄純…最近やたら耳にする名前だ。

どうやら、クセ球を操る変則サウスポーらしい。

西寺監督
「西東京には成宮君と言うどえりゃーサウスポーがおるでなぁさてさてどれほどのもんか・・」

マウンド上で沢村と奥村が打ち合わせをしているが、いつにも増して表情が固い。

さすがの奥村も緊張している様子だ。

これはいかんと、沢村が深呼吸を提案する。

鼻から大きく吸って~ゆっくり吐く・・

丹田を意識して・・何回も繰り返す・・

少し落ち着いたところで沢村が奥村に話します。

「俺はお前のミットを信じて投げる。」

沢村の言葉に少し驚いた様子だが、話を続ける沢村。

「お前のリードが間違ってないと証明できるのは 俺ら投手だけだろ?」

緊張が抜けなかった奥村の表情に光が射した瞬間だった。

前回の話はここまででした。


沢村と奥村の緊張が伝わってくるような緊迫した空気。そんな局面での”お前のミットを信じて投げる”という言葉。沢村と奥村のバッテリーの出陣だ!


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのA』最新121話 ネタバレ・考察

 

西邦との試合開始!

青道高校の次の相手は、西寺監督率いる西邦高校(愛知)。

去年の佐野のような大型スラッガーはいないが、

上位から下位まで全員が球足の速い打球を飛ばして来る。

勢いづくと止められないマシンガン打線。

先攻は西邦で試合は開始した。

青道の選手たちは守備位置に着き、マウンド上の沢村がいつものヤツをやっている。

「本日の第3試合、惜しくも連勝は止まってしまいましたが、夏之本選こそが本番。

迫るその日に備え、またここから一つずつ積み重ねていきましょう!!それじゃあ改めて ガンガン打たしていくんで バックの皆さんよろしくおねがいしやす!!」

沢村の口上が終わると、観客から拍手が起こります。

「待ってました。」

「いつもの!!」

山守学園の選手たちは驚いているようだ。

「あいつこれいつもやってんの?」

山守のピッチャーは自分もやりたいと言っている様子。

 

青道スタメンは?

  • 1番セカンド 木島
  • 2番ショート 中田
  • 3番センター 麻生
  • 4番ライト 結城
  • 5番ファースト 山口
  • 6番レフト 三村
  • 7番サード 樋笠
  • 8番キャッチャー 奥村
  • 9番ピッチャー 沢村

 

癖球のサウスポー

西邦の1番はセンター、中川翔だ。

奥村の観察としては、足元をほとんど見ずに打席に入り、立ち位置はベース寄りで後ろ側。

西寺監督
「クセ球のサウスポー。まぁ・・打席で見んとわからんわな。いろいろと策は用意してあるが・・」

マウンド上で集中している沢村に、気合を入れてやろうと倉持が声をかける。

「ピンチになったらいつでも呼べよ。タイキックで気合入れに行ってやるからよ。」

前園と金丸、東条も便乗する。

そんなことされるまでもなく、沢村は十分気合が入っている!

それはそうだ、監督にあんな言葉をかけられたら…。

倉持はちょっと悔しかったのだ。

(本来なら、あれはオレがもらわなきゃいけない言葉。)

しかし監督は沢村に”お前がチームを引っ張れ”と言ったことに。

その言葉を高島から伝えられたのは落合コーチ

「へえ・・・片岡さんがそんなことを・・」

部長は、驚いたことは驚いたのだが、

(ここ最近の沢村の成績を考えれば納得というか・・チーム内における存在感この空気を変えてくれるんじゃないかという期待 今の沢村なら・・)

沢村が、第1球を投げた!

相手はセーフティバントの構えだ!

しかし、ボールはバットにかすりもしない!

だが、奥村が弾いた!

ストライク!!!

セーフティの構えに全く動じることなく、沢村は奥村の構えたところにいい球を投げた。

奥村は沢村の言葉を思い出していた。

” オレはお前のミットを信じて投げる ”

その言葉通りの球であった。

奥村は、ボールを拾い返球する。

「ナイスボールです。」

バッターの中川は驚いていた。

(なんだ、こいつの球・・)

沢村、次のボールも高めにストレートだ!

これを中川はスウィングしてきた・・・しかし、空振り。

(は? どこがクセ球!?)

沢村は3球目も迷いのないストレートを投げてきた。

空振り三振!!

(めちゃくちゃスピンかかっとる。)

沢村、調子は悪くなさそうである。

かなりいい球を連投している。

中川は次の打者に申し送る…回転ブリブリ。

2番セカンドは、山内昴が打席に入る。

沢村の第1球は、曲がって落ちた!

なんとか当てたもののファールとなってしまう…。

2球目も同じだ。

山内(クセがえぐい。)

ネクストバッターズサークルの3番ファースト・一之瀬来夢だ。
(翔が振り遅れて、昴が捉えきれない。どんな球投げてんだよこいつ・・)

4番の明石が監督に、打席に立つのが楽しみだと話している。

 

沢村・奥村 バッテリー!!

サインを出す奥村

(ナンバー2もナンバー1もよく動く。この打線追い込まれると打ち方を変えてきますが、いらないですよね、遊び球は。)

奥村のサインに返す沢村
(わかってんじゃねーかオオカミ小僧。)

沢村の球を捉えきれていない山内だが、気持ちは前向きである。

(動くっつっても、とんでもない曲がりや沈みではない。何球だって食らいついてやる!)

奥村のサインは、インコースにナンバー4

沢村、大きく振りかぶった!

沢村は、以前奥村に言った言葉を思い出していた。

ピッチングと言うのは、ピッチャーとキャッチャーが一体となって作り上げる作品なのだという言葉を…。

(お前にはその心があるのか?)

そして、沢村は投げる!奥村の注文どおりのインコースにナンバー4!

空振り!!

吠える沢村!!

臆することなく勝負!!これぞ沢村の真骨頂だ!!!


相手に”えぐい”と言わしめる沢村は、絶好調ですね!奥村とのバッテリーもいい感じです!

関連記事:ダイヤのA最新122話ネタバレ・感想!西寺監督が繰り出す作戦とは?!


スポンサーリンク



121話の感想

いつか誰かがいうとは思っていましたが、山内が言ってくれましたね。

くせがエグイ!!

沢村、かなり絶好調といった感じですね!

いい感じで腕が振れてるんようですし、奥村との息もぴったり。

相手は強豪校でありながら、1・2番を全く寄せ付けないこの気迫!

しかし、こうなってくると西寺監督が用意しているという”策”が気になってきますが、かなり面白い試合になってきそうですね!

 

漫画『ダイヤのA』最新121話の口コミ・感想は?

 

漫画『ダイヤのA』最新刊をスマホで無料で読める方法は?

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ダイヤのA』を全巻を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『ダイヤのA』全巻も揃っていますよ!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ダイヤのA』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ダイヤのA ネタバレ 最新 121 まとめ

今回は、2018年4月25日発売の週間少年マガジン掲載漫画『ダイヤのA』最新121話のネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたでしょうか?

試合開始早々、かなりの絶好調ぶりを見せる沢村。

奥村との息もぴったりで、見ていてかなり気持ちがいいです!

しかし、気になるのは西寺監督の言う”策”どんなものを用意しているというのでしょうか?

マシンガン打線を得意とする西邦の”策”が沢村・奥村のバッテリーを崩してしまうのでしょうか?

とはいえかなりノッている沢村には奥村という信頼がある。

そんな”策”にも動じず投げきってくれるのか?

試合はまだ始まったばかり、今後の試合展開が楽しみですね!

 

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイヤのA act2ネタバレ最新158話「青道の次なる対戦相手は八弥王子高校」

ダイヤのA act2ネタバレ最新158話「青道の次なる対戦相手は八弥王子高校」

ダイヤのA act2ネタバレ最新145話「由良総合戦の先発は沢村に決定」

ダイヤのA act2ネタバレ最新145話「由良総合戦の先発は沢村」

ダイヤのA act2ネタバレ最新135話

ダイヤのA act2ネタバレ最新135話「沢村と降谷のエース争い」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新126話

ダイヤのA act2ネタバレ最新126話「沢村のスタミナが鍵を握る」

ダイヤのA act2ネタバレ最新154話「川上先輩の好リリーフで立て直す」

ダイヤのA act2ネタバレ最新154話「川上先輩の好リリーフで立て直す」

ダイヤのA act2ネタバレ最新155話「沢村の意思を受け継ぐ投手陣」

ダイヤのA act2ネタバレ最新155話「沢村の意思を受け継ぐ投手陣」