ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新561話!王賁が右翼全軍を統括!?

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新561話!
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年6月1日発売ヤンジャン大人気漫画『キングダム』最新561話ネタバレ考察・予想を詳しくご紹介していきます。

信の「溜め」をして迷いのない一閃の前に岳嬰は、ひれ伏すこととなりました。

また、信のあの王騎を思わせる圧倒的な力を目にした趙軍は、どんな動きに出るのでしょうか。

また、注目すべきは”断道の計”により馬南慈と尭雲は、どんな動きを見せるのか。

これにより戦局は、大いに変わってくるといえます!

そこで今回は、ヤンジャン大人気漫画『キングダム』最新561話ネタバレ考察・予想を詳しくお届けしていきます。

”断道の計”も馬南慈と尭雲には通用しない!?

馬南慈と尭雲に少しずつ削られる消耗戦へと突入した王賁たち。

王賁たちの援軍として、右側から亜光軍の中隊が現れたこの策は”断道の計”と言ます。

これは、横から入り先頭にいる馬南慈・尭雲と後ろの兵士を引き離し、二人の首を狙うというのが目的となる。

当然ではありますが、相手も作戦の意図はわかっている。

となれば、普通は王賁と亜光をあきらめ退散すると考えられますが、馬南慈と尭雲はどう出るのか気になるところ。

2人が退散となれば、飛信隊と合流して体制を立て直し、日を改めて戦うと言うことになります。

そうなってくれれば、亜光の回復を待つことができなくもない。

しかし、それについては馬南慈たちも避けたいところ。

なので、趙軍から孤立してでも亜光と王賁を狙うという行動に出なくもありませんよね。

馬南慈と尭雲があきらめ撤退しなければ、お互いの首をかけた短期決戦ということになります。

王賁と亜花錦だけでは厳しいといえる状況ですが、岳嬰を倒し終えた信が合流すると考えれば、王賁VS馬南慈、信VS尭雲という熱い展開が繰り広げられます!

9日目にして決着となってくれば、兵糧の残りが少ない秦軍にとってもかなり大きい勝利になることでしょう。


”断道の計”普通であれば撤退するところだけど、馬南慈と尭雲がどう出るのかというのはかなりの見物!今後の展開にもかなり関わるところですね!


スポンサーリンク



信と尭雲のリベンジマッチ!?

趙軍が迫り来る中、もたもたとしていられない状況を信が一撃で仕留めてくれました。

信に王騎が乗り移ったかのような一振り。

これにより、岳嬰の体を真っ二つに斬る様というのは、着実に王騎将軍に近づいているという表現に他ならない。

やはりといった感じではありますが、岳嬰は踏み台となりました。

一撃でやられた岳嬰を見たことにより、趙軍もひるむことでしょう。

信はその足で王賁に合流するのか、一旦体制を整えるのかというのは、”断道の計”にゆだねられています。

結果がどちらにせよ、次は待ちに待った尭雲とのリベンジマッチ!

今の信の力であれば、王騎将軍の矛を使いこなし、かなりいい勝負を見せてくれそうです。

 

飛信隊が退却する?

信が今回、一矢報いたことは確かです。

しかし、飛信隊もまた即座に退却をしなくてはならない。

岳嬰を討ち果たした後、そのまま岳嬰軍を掃討してしまい、余剰化した飛信隊と玉鳳隊で趙将を狙うというのは、亜光軍が健在であってこその策。

現状、亜光軍は健在とは程遠く退却を余儀なくされ、全体で見れば飛信隊が孤立化するのを防ぐため、まずは現在の戦地を離脱することが火急の問題となります。

馬南慈と尭雲は、亜花綿側に集中をしているため、趙我龍の追跡からはかなりの注意をしながら、最大速度で後退をしなくてはなりません。

善戦からの離脱を指揮するのは羌瘣になるのか?

そして、残存する岳兵軍も大将を討たれた岳嬰軍の兵士たちに殉死の精神が宿るなんてことがおき、怒りに任せ猛追してきたりするのか?

岳嬰本人も含め、岳嬰軍を構成する多くの兵卒は岳嬰のために戦っていたわけではありません。

では、何のために戦ってきたのかということになります。

それは、岳兵を筆頭に慶舎の仇のため、それを現実的に果たせる大将が討たれてしまったことで、兵力は半減するのではないでしょうか。

王騎将軍やヒョウ公将軍のように、死んでしまったことで兵に殉死の精神が宿ってしまうなどという、大将軍クラスの現象が起こってしまうなんていうのは、岳嬰にはもったいない。

信をピンチで飛躍させるという役割をしっかりと果たした岳嬰は、その存在意義をしっかりと示せたのではないでしょうか。

となると、尭雲が次に信と対戦する頃には、全くの別人が相手になるなんて事になりそうですね!

 

信と王賁の武功!王賁が右翼全軍を統括!?

亜光の意識はいまだ戻る気配がない。

そのため、信と王賁が四将全員と戦うこととなりました。

四将を倒し戦いに勝利することとなれば、この功績は大きく讃えられる物となります。

ましてや、相手は一人ひとりが一騎当千の強者。

尭雲一人だけでもすごいことなのですから、四人倒したとなればその時の評価がとても気になってきます。

王賁はこのまま王翦の右腕として、魔晄将軍の穴を埋めることとなるやもしれませんし、信も一気に将軍となれるのかもしれません。


信と王賁が、この戦いでどれほどの出世を見せてくれるのか、今からとても楽しみです!


スポンサーリンク



王賁が将軍の役割を果たす!

朱海平原9日目で、これ以上の延長戦はないのではないだろうか。

秦軍のダメージは言うに及ばず、趙軍もまた損失が大きくなってしまい魔した。

 

趙軍のダメージは?

まずは軍容から整理していきましょう。

対象を失い残存した岳嬰軍には現在、指揮系統が機能していません。

おそらく撤収後に再編成する必要性が発生しており、亜光を深追いした馬南慈と尭雲も飛信隊が追いつく前に退却を図ることとなるでしょう。

趙我龍は調整的な役割をしているため、飛信隊を追跡するにしても深追いをしてくる可能性は低いのではないかと考えられます。

頃合を見て、馬南慈と尭雲が追跡を止めたというあたりで、朱海平原9日目で終焉を迎えるのではないかと考えられますね。

 

秦軍のダメージは?

今のところ戦力的に余力を残しているのは、飛信隊と玉鳳隊だけといえます。

ただ、兵数の上では亜光軍がどれだけ軍容を保っていられるのかというのも重要になってきます。

しかし、まずは何よりも亜光自身が生きているのかをしっかりと確認したいところですね!

 

やっぱり亜光軍を王賁が率いる!

このまま亜光の生存が確認できれば、軍全体の士気は保たれることでしょう。

しかし、亜光が生存していたとしても戦線復帰できるかどうかというのは全くの別問題。

となれば、亜光が生存を果たしていたとしても、だ画r化が亜光軍を取りまとめなくてはなりません。

麻紘軍と亜光軍を見る限りでは、両軍とも将軍と兵士の精神的な繋がりが非常に深い軍といえます。

そのため、急造で別の将軍を指揮にあてがったところで上手く機能するなんてことは、まずありえないといっていいでしょう。

蒙恬が麻紘軍を現在指揮していますが、単に王箭に任命されたからというわけではなく、実際に麻紘軍の窮地を救ったという実績があるから。

また、全くの部外者である蒙恬が何の摩擦もなく麻紘軍本陣の指揮権をあっさりと手中に収められるキャラ特有の特殊スキルがあるという2つの要素が重なった例外といえる。

そして、この特殊スキルも生半可なことではできることではありません。

蒙家嫡男という立場であったり、飛信隊と玉鳳隊の連合体の指揮をするなど、過去に蓄積してきた実績の裏づけというものがあってこそ。

しかし、ストーリ的なことを考えると王賁が将軍に臨時昇格というのは、蒙恬の二番煎じとなってしまい面白さにかける。

肝心の任命者である王箭と王賁の間には信頼関係が成立していないというのも気にかかる。

しかし、ここにきて王箭は完全に数日間まったくといっていい程に亜光軍に関与していないこと。

また、蒙恬ほどの劇的な復活劇とはいかないまでも、王賁が亜光軍全体の後退の重要部分をになっていること。

さらには、全体を見て飛信隊の退却の目途までを即していることからも、事実的に王賁が亜光軍全体の取り纏めの役割をにないつつある。

亜光は完全に復帰するというのはできないまでも、兵士の精神的な支柱となり士気を保たせつつ、王賁が実質的に指揮を担い王賁と亜光軍全体との距離を縮めていくと考えられるのではないだろうか。

王箭の息子である王賁という立場に対し、あえて父である王箭を登場させないことで、実質的な王賁の将軍実績を積ませる。

そのことにより、結果的には王賁が次の将軍絵と進む道筋が描かれているのではないだろうか。

関連記事:ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新562話「王翦は信の実力を読んでいた」


スポンサーリンク



ヤンジャンネタバレ漫画『キングダム』最新561話に対するSNSの感想・評価は?

 

漫画『キングダム』全巻が今すぐ読める方法は?

ヤンジャン ネタバレ キングダム 556

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『キングダム』全巻を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『キングダム』全巻も揃っていますよ!

ヤンジャン ネタバレ キングダム 556

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『キングダム』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ヤンジャン ネタバレ キングダム 561 まとめ

今回は、ヤンジャン大人気漫画『キングダム』最新561話ネタバレ考察・予想を詳しくお届けしてきましたがいかがでしたか?

信の研ぎ澄まされた一閃は、まさに王騎を思わせる何かを感じました。

そにより、岳嬰は一撃で崩れることとなってしまったわけですが、新の成長の糧となってくれましたね。

こうなってくると読者としては、信と尭雲のリベンジマッチでどこまで信が勝つ姿を期待してしまうわけなのですがまだ気が早いかな?(笑)

でも、こればかり外せない一大イベントなわけですからかなり盛大な戦いとなることでしょう!

そして、この戦いでの信と王賁の戦功への評価がどれほどのものなのか非常に楽しみなところです。

しかしながら次週はお休みということなので、次回を楽しみに待つことにしましょう♪

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤンジャンネタバレキングダム最新575話

ヤンジャンネタバレキングダム最新575話「橑陽の戦い完全決着」

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新562話!

ヤンジャンネタバレキングダム最新562話「王翦は信の実力を読んでいた」

ヤンジャンネタバレキングダム最新577話「王翦将軍の作戦の意図が判明」

ヤンジャンネタバレキングダム最新577話「王翦将軍の作戦の意図」

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新563話

ヤンジャンネタバレキングダム最新563話「猿手族が援軍に来る!?」

漫画『キングダム』最新570話ネタバレ・考察予想

ヤンジャンネタバレキングダム最新570話「橑陽城での再集結の意図」

ヤンジャンネタバレキングダム最新578話「信と王賁が共闘する」

ヤンジャンネタバレキングダム最新578話「信と王賁が共闘する」