ヤンジャンネタバレキングダム最新563話「猿手族が援軍に来る!?」

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新563話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年7月4日発売のヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新563話のネタバレ・考察をご紹介していきます。

壁軍は三軍の中でもいち早く敵将に到達!

しかし、それは相手が精鋭部隊を本陣に集めていたからだった。

メラ族が助けに来たはいいものの、ブネンの残虐な策略に苦戦を強いられてしまう。

一方、ジリ兵団に壁も弱ったところを狙われ絶体絶命のピンチとなってしまった!

壁はブネンを討ち取ることができるのだろうか!?

橑陽を牛耳る君主・犬戎たちが牙を剥きます。

そこで今回は、ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新563話のネタバレ・考察をお届けしていきます。

壁が名誉挽回!ブネンの首を討ち取る!?

犬戎の精鋭部隊にも互角以上の戦いを見せているカタリとキタリの直下兵団。

そうなるとやはり、ブネンの首を取るのはカタリかキタリが最有力候補といえるのではないでしょうか。

しかし大穴として壁にもチャンスはある!

カタリたちは善戦していますが、直下兵団以外は苦戦しています。

また、さらにブネンは味方に当たるのも構わず矢で攻撃してきている。

ブネンの行動は山の民でさえ想定外だったようで、思うように動かせてもらえな以上協といえます。

一方の壁は、ジリに詰め寄られてしまいはしたものの、ジリの注意がメラ族にそれたということで、現状マークは薄くなってるといえます。

精鋭部隊ではなく弓兵が相手となれば、壁軍でもなんとかなるでしょう。

また、壁がブネンを討つのであれば今が絶好の機会と言えるのではないでしょうか。

それに、もし壁がブネンを討ち取ることが出来れば、兵糧を燃やされた失態も名誉挽回でチャラになるほどの大金星。

メラ族を弓矢の雨から救うためにも、気にかけ続けてくれる楊端和のためにも、壁は今こそここで男を上げるべきといえます!

 

壁に運は味方する!

犬戎族の三兄弟の次兄であるブネンと戦う壁。

最初は、カタリのいるメラ族が主攻として配置される予定でしたが、基本戦術に長けた壁の軍がブネン軍を突破しています。

今までも壁は、何度となく苦しい戦いを強いられてきました。

しかし、今回も同じように運を味方につけ勝負強さを遺憾なく発揮していただきたいところ。

たまには壁にも、大きな武功を上げて欲しいと願うばかりです。

 

ブネンの首は、誰の手に?

漫画キングダム560話と561話では、岳嬰が信にまさに瞬殺と言える展開で、あっさりと葬られてしまっていました。

あまりのあっけなさに、岳嬰がかわいそうに思えてしまいましたよね。

しかし、実際には尭雲と一日中一騎打ちをしても生き残る信の武力は、すでに大将軍並みであるといっていいでしょう

重なる王騎の姿からも天下の大将軍を連想させられましたからね!

そして信は、最初は振り遅れていた王騎の矛の使い方を岳嬰との戦いにおいて完全にマスターしたと言えますよね。

そして、次に覚醒するシーンが描かれるのが壁になるのではないかという予感がします。

激戦必至の状況で突破してきた壁の軍の基本戦術。

それに対しにブネンも、「バカが・・・」とはつぶやいていましたが、多少なりの驚きはあるはず。

カタリのメラ族も壁の軍に影響され、ブネンの首を飛ばそうと奮戦することとなるでしょう。

楊端和の山の民軍団の中でも主功をはる三部族は、フィゴ族にメラ族、そしてバジオウ率いる楊端和直下の部隊。

メラ族の戦闘力の高さがわかってくれば、ブネンの首を簡単に飛ばしてしまう可能性も考えられる。

そしてブネンの首が飛べば、かなり楊端和と山の民軍団の勝利に近づくこととなるでしょう。

しかし、そんな簡単に終わってしまう程、犬戎族も弱くはないと言えるでしょう。

 

カタリという代償?

おそらく、現像を見てブネンもかなり強いのという事が想像できます。

犬戎族の武力を半減させるという、その三兄弟の武力。

壁がいくら奮闘していたとしても、簡単に飛ばせるような首ではないのは確かと言えるでしょう。

そうなってくれば、もしかするとカタリを代償として、ブネンの首を飛ばすということも考えられなくはない。

しかし、もしカタリを失ってしまうことになれば、それだけ楊端和の山の民軍団は苦境に立たされることになるといえるのではないでしょうか。

カタリとしては人柄はともかく、キタリに後を任せることになっていくことになるのでしょうか。

今回の鄴攻めでは、幾度となく次世代というのものがフォーカスされているような感じがしてしまいます。

ブネンの首は、カタリという代償を伴うことで討ち取れるのかもしれません。

メラ族の特徴や圧倒的な強さを早く見てみたいところですね!


壁には、汚名返上をしてもらいたいところですが、こうなってくると誰がブネンの首を討つのか気になりますね!


スポンサーリンク



猿手族が援軍に来る!?その戦術はいかに!

壁が弱ったということでとどめを刺しに来たジリ。

しかし、メラ族が来たことにより戦力をそちらへと割いてしまうこととなりました。

メラ族に苦戦を強いられているジリも戦いに参戦すると思いきや、ブネンの命令により倒しに来た壁軍とどちらをとるのか、というジリの判断に注目ですね!

しかし、敵も味方も関係なく矢の雨が降り注ぐ戦場に、わざわざ出向く必要などない。

となれば、ジリはその場にとどまる可能性が高そうですね。

ジリ兵団は一人で10人を凌駕する精鋭部隊であり、壁軍を圧倒する力を持っている。

メラ族に一部の戦力を割いてしまってはいますが、壁軍で何とかなるような相手ではない。

となれば、どうしても援軍が必要となってくるでしょう。

援軍の候補としてはエンポじぃの率いる猿手族ではないだろうか。

猿手族は楊端和の切り札的存在。

なので、ピンチが訪れた時に使われると考えて間違いはない。

エンポじぃは楊端和に唯一強気な態度を取ることができる人物。

それだけに、その実力には大きな期待がもてるといえるでしょう。

猿手族にかかれば、ジリ兵団など相手にならないのかもしれません。

舜水樹や犬戎王ロゾが残っているので、使い所としては少々もったいない気もします。

しかし、壁を心配する楊端和ならここで使ってくれる気もします。

そうなればジリを倒した後、壁はメラ族を助けるべくブネンの弓隊を叩きたいところですよね。

 

猿手族の役割

猿手族の族長はエンポじィと言う老人というのは先ほども話しただろう。

しかし、どう考えても、この族長が圧倒的な武力を持っているというのは考えにくいのではないだろうか。
しかし、これだけ年を重ねた老年ということは、”知恵”と言う武器があるのではないだろうか。

あるいは、玄峰のような策士ということも考えられる。

しかし、そうであるならもっと前に参謀的な役割を担っているのではないだろうか。

楊端和としても、いざという時にしか頼むことのない族がこの猿手族。

それだけ秘密にする理由は何なのだろうか?

それは隠密行動を最も得意するからではないのだろうか。

 

猿手族という名

猿手族という名前から連想するに、森などで強みを見せると考えられます。

しかし、今までの楊端和軍の族名は全てがカタカナでした。

猿手族だけが、漢字で構成された族。

これは、何かしらの意味が込められているという事は間違いないだろう。

そもそも、猿手族は本当に秦国の山に住んでいた民族だったのでしょうか。

楊端和に敗れて味方になったという族も多いはず。

しかし、このエンポじィについてはそういったことではないという気がしてならない。

楊端和に対しての口の聞き方から察するに、一歩進んだ立場にあると言えるだろう。

それ故に、命令や策を与えるというよりも、一肌ぬいで欲しいという言い回しをしたのではないだろうか。

 

猿手族の力は隠密?必殺?

隠密行動を得意とする部隊であるならば、ここぞという時だけに利用する意味も分かる。

そうでなければ、そういった族が存在するという事実が相手に漏れてしまえば警戒されてしまい使えなくなってしまう。

それは、朱海平原の戦で趙の総大将李牧が同じことをやっていた。

李牧がそんな策を講じることを知らなかったからこそ成功した作戦だったんですよね。

この猿手族というのは、そういった暗殺を専門にしている隠密部隊という可能性もありえる。

そうだとすれば、猿手族によって重要な相手武将が討たれるなんてこともあるのかもしれない。

 

楊端和を連れて橑陽城の奪取?

この山の民の軍勢で、最も強い武力を持つのはおそらく楊端和本人だろう。

次いで、バジオウで次にフィゴ王というところ。

そして、犬戎における最強はロゾとなる。

ロゾの元に楊端和を連れて行き、三人の兄弟だけではなくロゾまで討ち取る。

そこまでの道筋を作るため、一肌脱いで欲しいとお願いした可能性も考えられる。

自らを、ロゾの元まで運ぶ役割。

困難を極める役割ではある。
しかし、それが出来るのが、猿手族だけということも十分に考えられる。

そして、まさに全軍の総力を持って橑陽城の奪取にかかるであろうエンポじィという存在。

場合によっては、この作戦でエンポじィは命を落とすことになるのかもしれない。

しかし、「行くのじゃマンタンワ」というセリフが聞こえてくる様な、気がしてならない。


まだ見えてきていない猿手軍の使いどころ。また、どんな戦術を用いるのかにも期待ですね!

関連記事:ヤンジャンネタバレキングダム最新564話「フィゴ王ダントの強さとは」


スポンサーリンク



漫画『キングダム』最新563話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『キングダム』全巻が今すぐ読める方法は?

ヤンジャン ネタバレ キングダム 556

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『キングダム』全巻を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『キングダム』全巻も揃っていますよ!

ヤンジャン ネタバレ キングダム 556

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『キングダム』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ヤンジャン ネタバレ キングダム 563 まとめ

今回は、ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新563話のネタバレ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

はたして、壁とメラ族はこの窮地を脱出することができるのだろうか!?

助けられてばかりの壁ですが、常に苦戦を強いられているのも事実。

ここは兵糧の失敗を取り返すためにも彼が立ち上がるしか成す術はない!

何とか持ちこたえれば、猿手族の助けが来るのかもしれないですし、壁はここがふんばりどころですよね!

次回、どんな展開を見せるのかに期待ですね。

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤンジャン ネタバレ キングダム 558

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新558話!秦趙大戦は李牧が無双する?!

キングダム 最新568話 ネタバレ 考察

ヤンジャンネタバレキングダム最新568話「バジオウが覚醒」

ヤンジャンネタバレキングダム最新586話「王賁が戦場から離脱する」

ヤンジャンネタバレキングダム最新586話「王賁が戦場から離脱する」

ヤンジャンネタバレキングダム最新567話

ヤンジャンネタバレキングダム最新567話「舜水樹の奥の手とは」

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新561話!

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新561話!王賁が右翼全軍を統括!?

ヤンジャンネタバレ『キングダム』最新562話!

ヤンジャンネタバレキングダム最新562話「王翦は信の実力を読んでいた」