ジャイキリ最新484話ネタバレ「モレッティ監督の野望とは」

ジャイキリ最新484話ネタバレ
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年6月28日週刊漫画雑誌モーニングに掲載中の漫画『ジャイキリ』最新484話ネタバレ・感想をお伝えしていきます。

今のところ試合の流れは、日本にいい感じに流れている様子。

モレッティが監督になった中国も2戦を終え、未だ無失点と結果を出しているものの、日本の方が一枚上手のようだ。

しかし、中国は現状の打開を孟盛へと託す!

右サイドからのミドルシュートは、かなりキレのあるものだた。

それは、身体能力だけはずば抜けていた選手が、世界のトップレベルとプレーを共にすることにより、多大な影響を受けた結果なのだと言うモレッティ。

そして、中国のコーナーキックからの孟盛が高さのあるヘディング!!

これが決まってしまい日本は中国に先制を許してしまった。

日本もこのままではいられない、やられたからにはやり返す!

ここから一気に逆転して欲しいところですね。

そこで今回は、週刊漫画雑誌モーニングに掲載中の漫画『ジャイキリ』最新484話ネタバレ・感想をお届けしていきます。

関連記事:ジャイキリ最新刊48巻発売日はいつ?発売後今すぐスマホで読める方法も

漫画『ジャイキリ』前回の内容は中国が先制点を決める?

コーナーからの秋森のヘディングシュートは、惜しくも外れてしまったが日本はいい感じでゲームに入ることができた。

今のプレーを見てモレッティ監督は、中国選手はボールウォッチャーのお手本だったのだと言う。

あれほど守備練習で繰り返しやったというのに・・・。

アレックにボールが渡り、アレックは城西に。

そして城西から窪田にパスがいったところで、椿が走る!

しかし、残念ながら窪田から椿へのパスは中国選手にカットされてしまった。

記者席では、藤澤が嬉しそうにしている。

日本が圧倒できてる!そして椿と窪田が頑張ってる!

他の記者も…日本のやりたい展開でサッカーができていると話している。

モレッティが監督になった中国も2戦を終え、未だ無失点と結果を出している。

しかし、このゲームは日本の方が一枚上手と言って良さそうだ。

中国の守備は後手に回っている。

たとえボールを奪っても日本の両SBがカウンターを警戒したポジショニングで対応しているからだ。

こうなると中国はロングボールを放り込むしか戦術がなくなってしまう。

それに、決勝進出が決まったにも関わらずモレッティは主力選手を休ませずに起用してきている。

アジアチャンピオンを相手に良いゲームをし、さらに弾みをつけたかったのかもしれない。

そのモレッティ監督は、ずっと首をかしげている。

やはり簡単ではない。

中国は、お金をつぎ込んで国策としてサッカーの発展を掲げたところはいいとしよう。

しかし、クラブが大金を積んで連れてくる選手は攻撃的な華のある選手ばかり。

スタープレーヤーが点を取ることでリーグを盛り上げてはいる。

しかし、守備をするのは中国人選手。

彼らに守備のお手本となる大物選手などはいない。

そして中国代表となると、当然点を取ってくれる外国人選手などはいない。

守備の構築で世界に名を馳せたこのモレッティを呼んだところでお手上げ状態なのだ。

それに、中国人選手は外からの意見をなかなか受け入れないところもあるのだそう。

これでは、いくら名将のモレッティが居るからと言って、中国代表が強くなることは無いといえる。

しかし、不思議なもので才能というのは突然生まれるのだ。

日本の守備に阻まれて思うようなプレーできないでいる中国チーム。

現状の打開を孟盛(モンシアン)に託す!

孟盛にボールが渡った!

秋森がついているが、孟盛は秋森を少しかわしていく。

右サイドからミドルシュート!

強烈!!枠に行っている!

バチィ

キーパーは、何とか弾いたがボールは後方へ・・・

スタンドは、騒然する。

モレッティ監督は、今のプレーを相変わらずデタラメと評すが、そのでたらめなプレーこそが、スーパープレー。

国内リーグでワールドクラスのストライカー達が見せているものだ。

身体能力だけはずば抜けていた選手が、世界のトップレベルとプレーを共にすることにより、多大な影響を受けた結果。

孟盛のさっきのシュートもリーグで見た外国人選手のプレーを参考にしたものなのだ。

中国のコーナーキックは、ゴール前に上手く上げた!

孟盛が高さのあるヘディング!!

これが何と決まてしまった!中国先制!!

モレッティ監督「この国の強化の仕方は考え物だ。文化は金で買えやしない。だがね・・金の力がカルチョの世界を面白くしているのも紛れもない事実だよ。」


今まで完全に流れは日本だったのに先制はまさかの中国!これは、少し悔しいですが孟盛の実力派かなりのもののようですね!でも、日本も負けていられない!ここから逆転だ!?

 

前回の話はここまででした。


スポンサーリンク



漫画『ジャイキリ』最新484話 ネタバレ・考察

 

中国先制!ではなかった!?

孟盛(モンシアン)のヘディングで中国先制!?

かと思われたが、シュートの前に孟盛がファールとなってしまいまさかのノーゴール!

これで、日本助かった!

ゴール前の競り合いの時に、孟盛がフリーになる為に秋森を突き飛ばしてしまっていた!

孟盛、これもリーグで見た南米選手の荒いプレーをまねたものであった。

しかしモレッティ監督は、ストライカーはそのくらいの方がいい時もあるのだという。

実際、さっきまで覇気のなかった中国選手たちの表情が良くなってきているのだ!

他の選手たちが、孟盛に近づき声をかける。

惜しかった!ゴール狙える!

もっと自信を持ってプレーしようと、孟盛は皆を励ましている。

いつも通りやれば日本にだって負けることはないと監督も言っていたと。

選手たちは監督の言う事は胡散臭いとは感じているものの、孟盛が言う事であるならば信用できると返す。

 

攻めの姿勢の中国!

徐々に中国のプレーが良くなってきた!

いい守備からカウンターで、速い!!

孟盛も上がってきているが、秋森が孟盛へのパスをカット!

秋森ナイス!

中国のCK

中国が攻めてきている。

孟盛の惜しいシュートから空気が変わったようだ。

決定機までは持ち込めていない。

しかし、鋭いカウンターからの得意のセットプレーに結び付けてきている。

コーナーキックからのヘディングシュートはキーパー上川がキャッチする。

身長がある与木が、よく競った。

椿(日本も高さのある選手で対応はしているけど…この状況が続いてたらいずれやられかねないぞ…)

このとき窪田が椿に近づいてきてアイコンタクトを送る。

椿にもそれが伝わった様子だ。

 

モレッティ監督の野望?

モレッティ監督には野望があったのだ…。

それは、中国サッカーがアジアの盟主になる為の礎を築くということ。

今は、まだ優勝を狙えるとは言えない状況ではある。

しかし、これからもこの代表に自分の哲学を叩き込んでいき強化し続ければ、いずれは…

自分の教えが、中国サッカーの基本となるのだ。

欧州の中堅のクラブを転々としていた二流監督であるブランが、アジア王者の座に胡坐をかいていられるのも今のうちだと、野心を燃やしていたのだった。

 

日本の攻め時は?

一方、中国が勢いづいてきた状況とはなっているものの、ブランは冷静であった。

それは、試合前のミーティングで選手たちにちゃんと伝えてあったから。

中国は、ハイボールに強い。

もしも彼らがそれを誘っているような、守り方をしているのだと感じたら…

そこで勝負するのは避けるべきであり、僕らは相手の嫌がることをしよう。

中国の守備は情熱的で素晴らしい。

しかし、冷静さも兼ね備えているとは、まだいいがたいのだ。

城西がサイドに開いたことで、中国選手は警戒する。

そして、ボールを持った田辺が中央に侵入してきた!

八谷とワンツー!

これでギャップが生まれた!

田辺は、椿へとパスを出す。

椿は、完全にフリーだ!!


まずは、先制取られてなくてよかった!!間一髪でしたよね。そして、ラストは椿にボールが!!!これは椿のシュートが期待できそう!早く試合の続きが読みたい!!

485話へと続きます。

 

484話の感想

中国の先制じゃなくて日本は本当に助かりましたね!

でも、それで中国の動きが良くなってきたというのが、少し心配でした。

しかし、城西がサイドで開いたところからのプレーは打ち合わせ済みのプレーだったんなんて、かなり驚きでした!

窪ちゃんのアイコンタクトはそろそろ行けそう、という合図だったんですね♪

となると、これは椿がシュートを打つ感じですよね!

早く続きが見たいですね!

関連記事:ジャイキリ最新485話ネタバレ「今大会初ゴールの窪田晴彦」


スポンサーリンク



漫画『ジャイキリ』最新484話に対する感想・考察は?

 

漫画『ジャイキリ』最新刊が今すぐ無料で読める方法は?

ジャイキリ ネタバレ 最新476話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ジャイキリ』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『ジャイキリ』全巻も揃っていますよ!

ジャイキリ ネタバレ 最新476話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ジャイキリ』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ジャイキリ ネタバレ 最新 484 まとめ

今回は、週刊漫画雑誌モーニングに掲載中の漫画『ジャイキリ』最新484話ネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたか?

中国に先制を決められたと思い一時はガッカリしていたのですが、シュートの前に孟盛がファールを取っていたことで日本は本当に助かりましたね!

とはいえ、孟盛という選手はかなり要注意ですね!

しかし、調子の上がってきた中国の隙を作る為に仕掛けたプレーは見事に成功♪

ボールも完全にフリーな椿のもとへときたわけですから、これは椿がシュートを決めるのだと期待しちゃいますよね!

しかしながら、次号は休載ということで少しおあずけですね(涙)

でも、期待して待ちましょう♪

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャイキリ最新481話ネタバレ

ジャイキリ最新481話ネタバレ「中国戦のメンバー発表」

ジャイキリネタバレ最新500話「苛立つ選手たちと冷静なブラン監督」

ジャイキリネタバレ最新500話「苛立つ選手達と冷静なブラン監督」

ジャイキリ最新487話ネタバレ

ジャイキリ最新488話ネタバレ「モレッティとブランの会話」

ジャイキリ ネタバレ 最新478話

ジャイキリ最新478話ネタバレ・感想!VSヨルダン戦のハーフタイム突入?!

ジャイキリネタバレ最新493話「ゲームに絡めない椿の焦り」

ジャイキリネタバレ最新493話「ゲームに絡めない椿の焦り」

ジャイキリネタバレ最新499話「椿と花森のコンビプレー」

ジャイキリネタバレ最新499話「椿と花森のコンビプレー」