BE BLUESネタバレ最新339話『龍と荻本の直接対決』

BE BLUESネタバレ最新339話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年7月4日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新339話ネタバレ・考察予想!338話もネタバレでご紹介します!

337話では、大浦カップ1回戦、大浦南戦を5対0で破り、レッズユースとの2回戦に備える武蒼高校でしたが、突如現れ、桜庭巧美と独特なコミュニケーションをとるレッズユースの荻本義一に一同騒然とします。

飛び級でU-20日本代表にも選出される荻本は最も警戒すべき選手ですが、一条龍に対しても人懐っこく握手を求め、全力で戦う事を誓い合います。

武蒼高校サッカー部監督ミルコ・コヴァッチと英語で会話する荻本を見て、自身も海外での活躍を夢見る龍は感銘を受けます。

そしていよいよ武蒼対レッズユースの試合がスタート!

全てにおいてレベルが上のレッズとの戦いの為にミルコ監督が授けた策は、スリートップ、センターフォワード龍という大胆な布陣でした!

それでは早速、2018年7月4日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新339話ネタバレ・考察予想!338話もネタバレでお届けしていきますので最後までお見逃しなく!


立彦もフォワードだから直接対決するライバルは必要ですね。

しかし、よりによってアンダー20代表選手とは。

監督はわざと龍がマッチアップするように配置しましたね。

関連記事:BE BLUES最新刊32巻発売日いつ?最新刊をスマホで読める方法も

漫画『BE BLUES』前回の内容は「分かるかもしれない・・・」

龍をセンターフォワードに配置した武蒼高校のフォーメーションは4-3-3。

利き足が左の矢沢和成が右フォワード、利き足が右の桜庭が左フォワードです。

サイドから龍にセンタリングを上げるのではなく、中に切り込んでシュートを打つという
意志が感じられる布陣です。

レッズユースのフォーメーションは3-4-2-1。

トップの久世立彦を軸に、三石慶吾を含む2枚のシャドーストライカーと両ウイングバックの攻撃参加による分厚い攻撃が予想されます。

 

龍の試合への思い

荻本のマークを背中に感じながら龍は思います。

『立彦との距離、レッズとの距離、そして後ろのこの人との距離』
『この試合で俺が今、どの立ち位置に立ってるのか・・・計れるかもしれない!』

遥か先に行ってしまったと思っていた立彦、大怪我をしなければ自分が入団していたレッズユース、世界を目指し、自信の望む道の前を歩く荻本。

自分の力がどこまで通用するか、闘志を燃やします!

 

レッズの猛プレス!

武蒼のパス回しの中、左サイドにボールが渡った瞬間に二人で激しくチェイスを仕掛けるレッズユース!

こうなるとセンターバックに戻すしかなくバックパスすると、フォワード立彦がセンターバック南部に襲い掛かります!

南部はワンタッチでペナルティエリア外まで出ていたゴールキーパー・ナベケンこと渡辺健太にワンタッチでパスして事無きを得ました。

レッズのプロクオリティのプレスが光ります!

ナベケンもすかさず右サイドに張っていたもう一人のセンターバック阿部に鋭いパスを出します。

レッズユースの右サイドでのプレスが激しかった分、左サイドはガラ空きとなりセンターライン付近まで上がっていた右サイドバック・レノンこと橘怜音がボールを呼び込みます。

 

ゲームの鍵はサイドの駆け引き

レッズユースの持ち味である高い攻撃性の対抗する為、レノンと左サイドバック・ポールこと山下弘は、試合前にミルコ監督から相手ウイングバックを自由にさせないよう指示を受けていました。

昨年からチームの核として武蒼を支えてきた2人の3年生サイドバックが攻守にわたって活躍する事が試合の鍵となるようです。

阿部は警戒されているレノンではなく、中央のインサイドハーフ・岡村にパスを出しました。

岡村経由でレノンへ出そうという狙いでしたが、岡村へのチェックも厳しく、やむなくアンカーの青梅優人へ戻します。

優人は1年生の頃から龍と練習し続けた強いパスで、最前の龍へ繋ぎます!

龍は前線でのポストプレーのお手本のような姿勢で待ち構えます。

 

龍のポストプレー

センターフォワードは、背中にマーカーを背負った状態で後方からのパスを受ける機会が多いので、トラップをする時に気を付ける点や取るべき姿勢があります。

ゴールに背中を向けるのではなく半身になり、すぐに前を向ける状態でトラップする事と、マーカー側の腕(右足でボールを受ける場合は左腕)を伸ばして、可能な限り相手をボールから遠ざけ、また、ショルダーチャージでバランスを崩される事を防ぎます。

慣れないセンターフォワードでもしっかり荻本をケアしつつ、ダイレクトでゲームメーカーのコーメイこと水島恒明に落とす見事なポソトプレーを見せます!

コーメイが相手陣内でボールキープし、武蒼スリートップと同じ数のレッズディフェンダーがいる中、右サイドのレノンも大きく上がっており、1枚多い攻撃陣でレッズに迫ります!

『いーね武蒼・・・、いいじゃん、上等!!』

ピンチの状況でも楽しそうな笑顔を見せる荻本!

武蒼先制点なるか!?


スポンサーリンク



第338話を読んだ感想

キックオフ早々レッズの激しいプレスが見られました。

実際にJリーグでも、セオリーとしてすべてのポジションで激しいプレスをかけるので、育成世代から一貫して実践しているんですよね。

並の高校チームであれば何もできずにボールを奪われる所ですが、武蒼はミルコ体制になってからは強くて速いパスを徹底的に浸透させているので、それでもギリギリですが、プレスを掻い潜ってボールを回せています。

龍にとって大きな意味を持つ試合ですが、レノンとポールというチームを支える先輩二人の奮闘が試合を左右しそうで面白い展開です!

ミルコ監督は十分な策を与えてくれましたが、ピッチで結果を出せるのは選手だけです!

このまますんなり点を取らせてくれるとは思えないので、武蒼のファーストアタックがどれだけ通用するのか楽しみですね!


龍がまだ監督を『じいさん』って呼んでた時から伝授されてた早いパスの伏線がここにきて生きてきましたか。

でもまだまだ余裕そうな荻本の表情も気になりますね。

 

漫画『BE BLUES』最新339話ネタバレ・考察!武蒼の攻撃とレッズの対処は?

武蒼の最初の攻撃は、現在の戦力での理想的な形で入る事が出来ました。

数的有利も作れているので、何でも出来るような状態ではありますが、U-20日本代表の荻本義一率いるレッズユースディフェンス陣がどのような守備を見せてくるのかも楽しみなところです。

 

唯一レッズと同格の選手・レノン

的確なオーバーラップで数的優位を作り出した右サイドバック・レノン。

ミルコ監督にレッズのウイングバック対策を命じられていますが、武蒼の攻撃には無くてはならない存在です。

武蒼高校入学当時、中学からのポジションであるボランチを希望していましたが、当時の黒部監督に右サイドバックへのコンバートを勧められます。

『ボランチで武蒼のレギュラーになれるが、サイドバックなら日本代表になれる』黒部監督の言葉通り、現在は世代別代表の常連になっているレノン。

レッズの守備が強固でも臆する事無く攻める事が出来る唯一の選手でしょう。

 

矢沢の執念が突破口を開く?

3トップの右に選ばれた矢沢和成。

マリノスジュニアユース出身で自信家の矢沢は選手層の厚い武蒼で1年生の間はベンチに入る事は出来ませんでした。

龍や桜庭や優人が1年でレギュラーを掴み、ライバルの聖和台高校では同じくマリノスジュニアユース出身で見下していた保志もレギュラーとして活躍しており、プライドの高い矢沢は焦りと怒りに震えていました。

しかし、大怪我の後遺症と戦いながら成長していく龍を目の当たりにし、自身も努力で結果を掴み取る事を誓い、2年にしてレギュラーの座を手に入れました。

普段は左サイドでプレーする事の多い矢沢を右のフォワードに起用したミルコ監督の策が的中し、男・矢沢が見せてくれる事を期待します!

 

龍と荻本との第1ラウンド

武蒼の3トップの一番の意図は、龍と荻本の直接対決でしょう。

ミルコ監督はその豊富な経験と知識でチームに最善の策を与え、選手に対して常に前向きなメッセージを与えてやる気を促しますが、本気でサッカーの高みを目指す龍に対しては、厳しい試練を与えます。

荻本は間違いなく、龍が成長する為に乗り越えなければいけない壁です。

そして両チームの戦力差を考えると、龍が荻本を越えなければ勝利は見えてきません。

お互いの今の力を見せ合うファーストコンタクトは重要なポイントとなりそうです。


完璧な形を作っての武蒼の攻撃!

今までのパターンだと、枠を外れるかキーパーがファインセーブをしない限りはゴール出来るパターンだけど、相手はレッズ。

物凄い守備を見せてきそうだけど、先制できたらデカイですね!

桜庭も特訓の成果を見せてもらいたい!

関連記事:BE BLUESネタバレ最新340話『レッズのカウンターアタック!』


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新339話に対するSNSの感想・評価は?

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 339話 まとめ

本記事では、2018年7月4日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新339話ネタバレ・考察予想!338話もネタバレでご紹介してきましたが如何でしたか?

レッズユースの猛烈なプレスに耐え、攻撃に出る武蒼!

数的優位な状況で荻本義一率いるレッズディフェンス陣に襲い掛かりますがまだ荻本には余裕が見えます。

日本トップクラスのユースチームに武蒼の攻撃は通用するのか?

龍はU-20代表ディフェンダー荻本から点を奪う事が出来るのか?

様子見一切なしのガチンコの展開は次回も続きそうです!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新369話「日本一でも追いつけない立彦の活躍」

BE BLUESネタバレ最新369話「日本一でも追いつけない立彦の活躍」

BEBLUESネタバレ最新354話「荻本がの攻撃参加で追加点を狙う」

BE BLUESネタバレ最新354話「荻本の攻撃参加で追加点を狙う」

BE BLUESネタバレ最新367話「龍が立彦に追いつく決意をする」

BE BLUESネタバレ最新367話「龍が立彦に追いつく決意をする」

BE BLUESネタバレ最新351話「桜庭が初めて語る本音」

BE BLUESネタバレ最新351話「桜庭が初めて語る本音」

BE BLUES 最新刊 32巻 発売日

BE BLUES最新刊32巻発売日いつ?最新刊をスマホで読める方法も

BE BLUESネタバレ最新362話「残り15分間の激闘で荻本を超えられるのか」

BE BLUESネタバレ最新362話「残り15分間の激闘の行方は?!」