ピッコマ『リコール』ネタバレ・感想!11話理沙ママ編

ピッコマ リコール ネタバレ ママ
スポンサーリンク
Pocket

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で毎週水曜日に連載されている『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』第11話の理沙ママのネタバレ・感想についてご紹介していきます。

『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』は原作Carlosさん、作画KeuKeuJ.Jさん等が描くミステリーホラー漫画です。

漫画アプリ『ピッコマ』にて4話まで無料で読むことができ、更に24時間毎に1話ずつ無料で公開されていきます!

この漫画はタイトルの通り、復讐をしたい人がその復讐を代行してくれるプロに依頼をするというお話になっています。

いじめなどの被害にあったとき、相手に復讐したい!と強く願ってもなかなか自分では行動に起こすことができないですよね。

そんなとき、依頼をすれば自分の代わりに復讐をしてくれるのが『レインボータクシー』の運転手に扮した代行人です。

自分の代わりに復讐して欲しい!という依頼を受けた主人公の『虎原』は依頼人をタクシーに乗せたままターゲットのところへと行き、圧倒的な力で依頼人の望むとおりに復讐を行います。

それでは、漫画アプリ『ピッコマ』で毎週水曜日に連載されている『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』第11話の理沙ママのネタバレ・感想についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


自分の代わりに復讐をしてくれる『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』。

現実にこんなサービスがあったら恐ろしいですよね。

今回はその中から『理沙ママ』編をご紹介します。

漫画『リコール』前回の内容は「いいね#5」

JGKが電話しながらマンションから出てきます。

車のタイヤを見てみると、ドライバーが刺さってパンクしてしまっていました。

苛立つJGKですが、時計を見ると時間がギリギリで焦ります。

授業に遅れてしまうと察したJGKは、マンション前の虎原のタクシーに乗って行くことに。

『すいませんね、誰かが俺のタイヤに穴あけやがって』

虎原『災難でしたねこの辺りの不良の仕業でしょうか』

 

眠らされたJGKが小島に連れていかれる

JGKはうなされながら眠っていましたが、冷たい水をかけられて目を覚まします。

見上げた先には虎原がいました。

嫌なにおいを感じたJGKに対して虎原は淡々と答えます。

『灯油だよ』

JGKが混乱していると、虎原は残りの灯油を頭から浴び始めました。

『今から俺らだけのゲームをはじめようじゃないか』

 

ゲームスタート

『ルールは簡単だ、あの火で相手を燃やせば勝ち』

JGKは状況を飲み込めずに、何言ってんだよ!と虎原を諭しますが『ゲームスタート!』と一気に駆け寄ってきます。

しかし、逃げた先には炎が燃えていて、逃げ切ることが出来ません。

追い詰められたJGKは頬を殴られて倒れ込みます。

 

命乞いをするJGK

虎原は炎に包まれた木の棒をJGKの目の前に差しだすと『助けてください…!お願いです…!!』と観念したJGKが懇願すると虎原は変わらず冷静に話します。

『…あの女はどうだっただろうか?』

そう虎原が話すとJGKは土下座をしながら命乞いをします。

すると後ろの岩肌から突然舞子が現れました。

『…今度はあんたの番よ』

JGKが涙ながらに説明と謝罪をすると、その様子を撮影した動画をサイトにアップしました。

 

ありさ先輩の言葉

意識を取り戻したありさ先輩に謝罪映像を見せます。

『これで十分よ…ありがとう…舞子』

謝罪1つで全てを許した先輩は程なくして遥か遠くへと旅立ったのです。

レインボータクシーのコールセンターでは舞子がJGKのSNSを見ています。

『17件のいいね』

『今までいいねしてきた数千人はどこに隠れてしまったのやら』

そしてアカウントを削除して机に突っ伏しました。

舞子はこれは先輩が望んだ復讐ではなく、自分の望んだ復讐であったと感じ、隣の席に座らせた人形の結子に問いかけました。

 

復讐の成果は?

あるトンネルでは、頭から血を流したJGKが独り言を言いながら歩いていました。

『全員豚箱送りにして一生後悔させてやる…』

もしも口外するならもっとひどい目に合わせると警告します。

警告に対してもJGKは反抗する態度を見せます。

すると背後からやって来た男に首筋を打たれてその場に倒れ込みます。

男は『これだから…黙ってろと言っているのに…』といい、倒れたJGKをどこかへ運ぼうとします。

男の正体は緑川誠一郎でした。


スポンサーリンク



漫画『リコール』11話「理沙ママ」ネタバレ・感想

3年前 レインボータクシーの採用面接を受ける『酒井理沙』

志望動機を聞かれる前に、理沙は面接官の『緑川』から

『酒井さんの志望動機がタクシー運転手としてふさわしくないとの判断が出ましたら

一般的な会社とは異なり不合格通知だけでは済まされません』と忠告を受けます。

そして緑川は理沙に『このまま面接を受けるか、ここで志願放棄するか』の選択を迫りました。

そこで理沙は1本タバコを吸い、自分の過去を話し始めたのでした。

 

理沙の過去

理沙は幼少期から母子家庭で育てられていました。

母親は昼間はいつも眠り続け、夜になると派手な衣装と化粧

子どもには綺麗な姿で夜の街へ出かけるという日々を送っていました。

母は出かける前にいつも一錠の薬を理沙に渡していました。

だがその薬を渡された日は必ず母は怪物に連れられ家に帰ってくるのだそうです。

夜中、家に響く怪物に襲われている母の悲鳴。

隣の部屋から聞こえる母の悲鳴を聞きながら、理沙はずっと

『怪物はどうやって退治すれば良いの?』と布団にこもり怯えながら考えいました。

ある日、理沙は『ママがくれる魔法の薬をたくさん飲んで早く綺麗になれば…素敵な王子様がやってきて、ママを苦しめる悪い怪物を追い出してくれるに違いない』と考え薬を大量に服用してしまいました。

眼が覚めると、そこは病院でベッドで泣き崩れる母の姿がそこにありました。

当然、自分の姿が可愛くなっている筈はありませんでした。

 

1匹の犬の登場

そんなある日、母が家に1匹の犬を連れてきました。

『挨拶しなさい、新しいお友達よ』と連れてきたその犬はとても人懐っこく、

理沙はすぐに打ち解ける事が出来ました。

しかし、月日が流れる内にその犬はドンドン凶暴になっていってしまいました。

そしてついにその犬は理沙と母に噛み付くようになり、優しかったその犬は恐ろしい怪物に成り果ててしまったのです。

そのことから、理沙は犬を恐れ、家に帰ることを恐れるようになってしまいました。

 

ママの死

ある日、突然家から犬の鳴き声がしなくなりました。

犬の様子が気になった理沙は家のドアを開けると

そこにはリストカットをして命を絶った母の姿があったのです…。

 

全てを手にした理沙

それから理沙は死んだ母のお姉さんに引き取られ、母同様に自らも夜の世界で働くようになりました。

そして、徐々に女を磨いた理沙は店で色んな大人から誘いを受けるようになります。

ある男はブラックカードを与えてくれたり、ある男は高級車をプレゼントしてくれたりと、まるでお姫様になったような生活でした。

理沙は自身の容姿を武器にすることでいとも簡単に全てを手にしていったのでした。

欲しいもの全てを手に入れた理沙でしたが、一方心の何処かに寂しさも感じていたのでした。

 

トラウマ

そんなある日、家に1匹の『犬』が訪れました。

母が死んで以降犬は絶対に飼わないと決めていた理沙でしたが、

寂しさゆえについその『犬』を家にあげてしまいました。

その『犬』と愛し合った理沙でしたが、ある日その犬が

『僕の友達にもこの愛を分けてあげたいんだ』と言いだしました。

そして、戸を開けて入ってきたその犬は

かつて母を死に追いやった『怪物の犬』だったのです。

その犬はおもむろに理沙をベッドに押し倒し、襲いかかってきました。

押し倒された理沙は

『ママはこの犬のせいで死んだ。

今まで一体どこに隠れていたの?ぶっ殺してやりたかったのに』

と殺意と復讐と念を抱くのでした。

ここでいう『犬』というのは理沙の通う夜のお店のお客さんのことですね。

『犬』という表現で、理沙や理沙の母親の、男を卑下にしているが依存せずにはいられないという心情や生活を表しているのではないでしょうか。

 

理沙の復讐

ベッドに押し倒された理沙は男の耳を口で引きち切りました。

男は『須藤、須藤早く来い』と呼び出すと、駆けつけた男(須藤)はその光景を見て言葉を失います。

理沙が殺そうとしたその男は国会議員だったのです。

事件を表沙汰にしたくない彼らは事件は綺麗に揉み消してしまいました。

その後、行き場を失った理沙は主人公『虎原』と出会いレインボータクシーの存在を知っるのでした。

『犬』というのは国家の犬という表現もあったのですね。

上手いですね。

 

理沙の夢

最後に緑川は『弊社の社員として実現したい夢はなんですか?』と理沙に尋ねます。

『いつか必ずあの2匹の犬と世界中のクズをとっ捕まえること』

そう答えた理沙に緑川は『…そうですか。

今日はわざわざありがとうございました。

明日から出勤をお願いします。』と合格を言い渡したのでした。


スポンサーリンク



11話を読んだ感想

『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』『理沙ママ』編

タイトルから心が晴れるような内容の漫画ではないのだろうなとは思っていたのですが

思った以上にムカムカする内容ですね。

理沙や理沙ママを苦しめていた『犬』には嫌悪の感情ばかり芽生えます。

理沙ママもシングルマザーとして稼ぐために夜の仕事をする。

ただ沢山の『犬』たちを連れ込む様子は客のためや生活のためだけではなく

自分の心の乾きを潤すためでもあるのではないでしょうか。

母、基い『親』というのはきちんとした責任感がなければなってはいけない生き物だと思います。

最終的に理沙は復讐代行の職に就き、『世の中のクズを捕まえる』と言っていましたが、

子どもは親の背中を見て育つものですし、

幼い頃のトラウマや生活によって生じた心情が歪んだ方向に向いてしまったのは間違いないのではないでしょうか。

とても、悲しくるお話でした。

理沙の不運はもしかしたら生まれた時から決まっていたのかもしれません。


感情が迷子になるお話ですね。

最後の理沙は正義に向いたのか悪に向いたのか

今後の理沙の動きに期待です!


スポンサーリンク



漫画『リコール』11話「理沙ママ」に関するSNSの感想・評判は?

 

ピッコマ リコール ネタバレ ママ まとめ

今回は漫画アプリ『ピッコマ』で毎週水曜日に連載されている『リコール〜あなたの復讐代行サービス〜』第11話の理沙ママのネタバレ・感想についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

流石のミステリーホラー漫画、内容もかなり黒い部分が多いですね。

母親を殺されてしまった子どもは、どんな理由であれ生涯心に深い傷を負うのではないしょうか。

世界観に入り込みすぎて、人物に感情移入してしまうのは漫画の良いところであり、悪いところでもありますね。

この漫画は今回の『理沙ママ』編以外にもこういったダークな内容の多い漫画です。

先にも述べましたがやはり苦手な方は苦手な作品だと思いますが、同時に好きな人はとことんハマってしまうのではないでしょうか。

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピッコマ 遭遇 こどもの日 ネタバレ

ピッコマ「遭遇」ネタバレ・感想!4話こどもの日編

ピッコマ cm 女優

ピッコマCMの女優・俳優は誰なの?CM挿入歌情報も

ピッコマ 広告 タイトル 怖い

ピッコマの怖い広告のタイトル6選

ピッコマ 遭遇 お姉ちゃん ネタバレ

ピッコマ「遭遇」ネタバレ・感想!お姉ちゃんの体が青い理由

ピッコマ 裏技 チケット裏技

ピッコマには裏技がある?チケット裏技のやり方をご紹介

ピッコマ 裏技 時間 設定

【ピッコマ裏技】時間設定を変える裏技とは?無料で読める方法をご紹介