ダイヤのA act2ネタバレ最新141話「エースナンバーは降谷で確定?」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新141話
スポンサーリンク
Pocket

この記事では、2018年10月3日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのA act2』の最新141話のネタバレ・考察をご紹介します。

ハードな合宿を戦い抜いたナインが練習試合に臨み、降谷がまずまずの成果を上げ、復調をアピールすることに成功。

由井は、今後、成長する中で抱えている葛藤を解消していけるのかどうか、今後の展開が気になる終わり方をしました。

そして、沢村の九重戦登板の結果と、エースナンバー争いの行方はどうなるのでしょうか?!

それでは、2018年10月3日発売『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのA act2』最新141話のネタバレ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


エースナンバー争いもいよいよ終盤戦、前回は降谷に続いて沢村の出番です。

まだ夏合宿の疲れが抜けない中、果たしてどのようなピッチングを見せるのか。

関連記事:ダイヤのA act2全巻無料をzip・rarでダウンロードできない場合の対処法

漫画『ダイヤのA act2』前回の内容は「沢村好投、奥村の成長」

九重戦で先発した沢村の結果は?

都予選の組み合わせが決まり、開幕まで残り1週間となりました。

6月23日月曜日、青道はテスト週間です。

誰もがテストに向けて勉強する中、奥村はスコアブックを見ていました。

開いているのは昨日、日曜日に行われた九重戦のページです。

『悪くないな』という御幸の言葉に、沢村はうなずきました。

九重戦の先発を務めたのは沢村で、ベンチで一日休めたことで思ったよりも体が動く状態に回復していたのです。

また、対戦する相手の特徴を渡辺から聞いています。

とはいえ、強豪校である九重を相手に安易なストライクゾーン攻めは危険です。

両サイドや高低を使い分けたピッチングを求められる一方で、決め球となるナンバーズはしっかりゾーンを攻めたいところです。

『九回まで投げ抜くとしたら前半どれだけ球数を押さえられるかですね』と気合の入った表情で言う沢村に、欲張りすぎだと御幸は応えました。

合宿の疲れが残った体での登板なのですから、今日の試合は投げ切ることを考えず、目の前の打者を打ち取ることを優先して考えるよう、諭したのです。

納得する沢村に、御幸は『見せてくれよ。俺がいなかった時の先輩らしいピッチング』と発破をかけます。

 

沢村の感じたプレッシャー

練習試合とはいえ、この戦いで先発を任された意味を沢村なりに理解しているからこその気合なのであろうと、御幸は内心つぶやきます。

日頃から口にしているエースへの強いこだわり、その気持ちが過ぎるものであれば悪いプレッシャーとなり得るのです。

一方の沢村は、御幸の言葉にひどく気負っているように見えていたのかと胸中独り言。

そこで、後ろを向いて、ガンガン打たせていくのでバックの皆さんよろしくお願いしますと声を掛けました。

前園や倉持たち、野手が口々に沢村の気持ちを盛り上げようと応えてくれます。

どうやら、他のみんなの目にも気負っているように見えていたようだと沢村は感じました。

バッターボックスにバッターが入り、いよいよ試合開始です。

『ピッチャーとキャッチャーは一心同体。お前の正面に座る限り、俺がお前の良さを引き出してやる・・・』

その先を手に入れたいなら、と内心続く御幸の言葉に応じるかのように、沢村は第一級を投げました。

球は構えたところにドンピシャ、外角ギリギリ、ストライクに決まります。

ナイスボール、とベンチが盛り上がり、降谷も思わず『ナイスボール』と口にします。

 

小野と奥村の会話

九重戦は、2-4で青道の勝利に終わりました。

2失点の内容は、4回と8回に1点ずつ、強豪九重を7安打に抑えての完投勝利です。

夏合宿の疲れが抜けきっていない中で、申し分のない結果でした。

放課後、奥村はいつもの食堂居残り組と一緒に部室へと向かいます。

そこで、御幸が奥村に声をかけました。

今日は練習は軽めにし、しっかり休んで体のケアをしておくように、と。

週明けにはテストが待っています。

監督は、赤点が多いとベンチに入りを許してくれないのです。

御幸が部屋を出た後に、小野が奥村に声をかけました。

『練習試合、身体動かなかったろ』

それは叱るためではなく、気にしなくていいことを伝えるための言葉でした。

ただの慰めではありません。

小野は後輩たちの心のケアをするためにこの話を始めたのです。

昨年は小湊が、御幸も1年生の時にはノックから外されていたのです。

今の姿から想像もつかない先輩たちの過去を耳にした1年生たちは驚きました。

小野は奥村の目をしっかりと見ながら、『大丈夫。戦力として認められてなきゃベンチには入ってない』と告げます。

ブルペンキャッチャーにもやることは多いのです。

アップし、これから試合へと臨むピッチャーのやる気を引き出したり落ち着かせたり、あるいは試合の流れによっては投げ過ぎを防いだりしなくてはなりません。

ブルペンに居ても、ナイン共にと戦うチームの一員なのです。

奥村は由井の言葉を思い出していました。

『自分にできることを考えている』と。

そして、小野は『伊達に長くベンチにいないぜ』と奥村の肩を叩きます。

更に、由井にも奥村にも伝えたいことは沢山ある。

いつでも部屋に来てくれていいし、自分も御幸の部屋に行くと、続きました。

奥村は頭を下げ、まっすぐに小野を見ながら『ありがとうございます。本当に心強いです』礼を口にしました。

その姿を見た周りの仲間たちは驚き、瀬戸は嬉しそうに見ていました。

『弱さや負い目なんかいらない。今の自分にできることだけをやる。それが答えだ』

奥村が内心つぶやいた言葉は、選手としての大きな成長を示すものでした。

 

エースナンバーは誰の手に?

監督室に、高島、部長、落合コーチ、監督が集まっていました。

高島と部長が昨日の九重戦の沢村の投球を振り返ります。

九重を相手に8回を7安打2失点、それもピンチにも動じることなく自信を持って投げたのです。

ですが、続く落合コーチの台詞はこうでした。

『昨日の沢村は確かに良かった。

しかもここ最近、強豪との試合をメインに投げ、その全てで結果を出している。

エースとしての役目を立派に果たしていると言えるでしょう。

ただ、降谷の状態もかなり良くなってきている。

新チームからエースナンバーを背負い、エースとしての重圧の中で成長を続けてきた・・・

その成果はセンバツでのピッチングと言えるでしょう。

こういう投手からエースナンバーを剥奪するという事は、チーム内外にあらゆる意味を発信することになるし、その先の成長すら奪う事になるかもしれない・・

片岡さんにも考えがおありでしょうが・・

沢村は逆境をバネに成長を続けてきた強い男です。

私は降谷にエースナンバーを託すべきだと思いますね。』

エースナンバー争いの行方は、如何に。

 

140話を読んだ感想

沢村の好投もですが、奥村の成長が素晴らしいです。

ライバルである由井の存在も大きいのではないでしょうか。

このまま成長し、青道の主力選手に育ってもらいたいです。

小野の細やかな心配りも、光るものがありましたね。

御幸が『小野は、局面を読んでブルペンを温めてくれるし、ベンチにいてくれると心強い」と言っていたのがよくわかります。


落合コーチは沢村ではなく降谷にエースナンバーを、と提案しましたね。

たしかに降谷は沢村と比べると精神面での脆さがあるように感じます。

復調した降谷と沢村が切磋琢磨していていけば、二人の更なる飛躍につながるかもしれません。

ですが、結果を出し続けている者が報いられないというのも悲しいですよね。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのA act2』最新141話ネタバレ・考察!

 

予選開始

順当に行けば青道は準決勝で市大三高か薬師と当たり、決勝は稲実との対戦になるでしょう。

その前に、まずは初戦の相手、由良総合ですね。

テストネタは引っ張らずに、エースナンバーの行方を決めて、すっきりした状態で臨んでもらいたいものです。

由良総合は片岡監督の恩師の榊監督が率いるチームですが、はたしてどんな戦いになるのでしょうか。

成長したナインが強い勝ち方で下してくれることに期待しています。

 

奥村の成長に由井は着いて行けるのか

奥村の成長が著しいものになってきました。

由井もうかうかしてられませんね。

ライバル同士、互いに高め合ってもらいたいものです。

キャッチャーはチームの要ですが、1人では戦うことなどできないのが野球です。

それぞれが役目を果たし、一丸となって勝利をつかみにいく……。

奥村と由井の想いが報われることを願います。

 

エースナンバーは降谷で確定?!

140話では落合監督によって、これまで逆境を乗り越えてきた過去がある沢村は、エースナンバーではないほうが良いという内容の発言がありました。

確かに沢村はこれまで、たくさんの逆境を経験し、努力によって乗り越えてきました。

今回のエースナンバー争いにおいても、3年生たちが風呂で話をしていることを聞いてしまったり、不遇にされてしまっている感じは否めません。

確かに、チームとしての成長を考えるのであれば降谷にエースナンバーを渡して沢村を追う存在にした方が良いかもしれません。

沢村はこれまで通り、エースを追う立場で成長し続けてもらいたいという作者の意図が感じられます。


沢村のピッチングは素晴らしいものでした。

しかし、物言いがついてすんなりとエースナンバーダッシュとはいかない雰囲気です。

チームのためには誰をエースに据えるのが正解なのか、片岡監督の決断は……。

関連記事:ダイヤのA act2ネタバレ最新142話「由良総合戦の先発投手」


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのA act2』最新141話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『ダイヤのA act2』最新刊をスマホで今すぐ読める方法は?

ダイヤのa act1 全巻無料 zip rar ダウンロード

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ダイヤのA act2』最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ちなみに、前作の漫画『ダイヤのA act1』全巻もしっかり揃っていますよ!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

皆さんのお目当ての漫画『ダイヤのA act2』も全巻読めますよ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ダイヤのA act2』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新 141話 まとめ

この記事では、2018年10月3日に発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのA act2』の最新141話のネタバレ・考察をご紹介してきましたが、如何でしたか?

沢村が見事なピッチングをみせました。

しかし、降谷のメンタルを慮ったほうがいいのではという落合コーチの意見が飛び出しました。

はたして、エースナンバーは移譲されるのか、それとも、今回は動かないままなのでしょうか?!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイヤのA act2ネタバレ最新150話「青道高校の反撃開始!」

ダイヤのA act2ネタバレ最新150話「青道高校の反撃開始」

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話「沢村がエースナンバー確定」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新124話

ダイヤのA act2最新124話ネタバレ・考察!沢村VS明石の試合の結末は?!

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新125話

ダイヤのA act2ネタバレ最新125話「明石の真の実力とは」

ダイヤのA act2ネタバレ最新154話「川上先輩の好リリーフで立て直す」

ダイヤのA act2ネタバレ最新154話「川上先輩の好リリーフで立て直す」