BE BLUESネタバレ最新353話「荻本を攻略する龍の作戦」

BE BLUESネタバレ最新353話「荻本を攻略する龍の作戦」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年10月31日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新353話のネタバレ・考察予想をご紹介します。

351話では、レッズユースに1点先制されハーフタイムを迎えた武蒼高校。

ベンチでは、桜庭の態度が気に入らない矢沢がレッズへの未練を指摘するも、桜庭は100パーセント無いと否定します。

レッズへの後悔やこだわりをこの試合で終わりにしたいという桜庭の言葉は、沈んでいた龍の心に火を付けました。

荻本に勝つ為にミルコ監督が龍に贈った言葉は『勝とうとするな』

この言葉に何かを感じ取った龍は、闘志を復活させ、後半のピッチに向かいます。

それでは早速、2018年10月31日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新353話のネタバレ・考察予想をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!


桜庭が試合会場に向かう前から言っていた『借りを返す』という言葉。

これは過去の自分への決着を着けるという意味だったんですね。

ミルコ監督の謎かけのようなアドバイスに龍は何を感じたんでしょうか?

関連記事:BE BLUES最新刊32巻発売日いつ?最新刊をスマホで読める方法も

漫画『BE BLUES』前回の内容は「龍の役割とは」

レッズユースボールで後半戦が始まり、動き出すピッチ。

龍の背中を見ながら立彦が呟きます。

『今日は荻くんに打ちのめされてこい龍、大事なのは明日だからな』

龍の実力に全幅の信頼を寄せている立彦ですが、今の龍が荻本に勝つ事は出来ないと確信しているようです。

 

ポジションとメンバーに変更なし

武蒼の布陣は前半と同じ3トップ、龍が荻本に抑え込まれていた前半は攻撃が単調になり決定機は生まれませんでした。

ミルコ監督からの言葉を反芻する龍は、『勝とうとするな』という言葉は『勝利を諦めろ』という意味ではない事は理解しています。

思考を巡らせながら、再び荻本の待つセンターフォワードのポジションに着きます。

 

センターフォワードらしさは要らない?

この試合、龍をセンターフォワードに指名したミルコ監督でしたが、『君にセンターフォワードらしさを求めておらん』との事。

センターフォワードらしいプレーといえば、強い当たりにも負けない屈強さ、そこからの落としや、すばやく反転してのシュートが代表されますが、今の龍には足りない要素の多いプレーで、前半はそれらを実践しましたが、荻本に抑え込まれてしまっていました。

 

龍は自分に出来る事を考える

他に思いつくプレーは、荻本を避けてサイドに流れ、ポジションチェンジで相手をかく乱する狙いも悪くありませんが、ミルコ監督が荻本を避ける事前提で龍をセンターフォワードに配置するとは考えられません。

『この場所で、きっとオレにできる事があるからだ』

ミルコ監督の意図はまだ分かりませんが、意志は伝わっています。

『目の前に高い壁があるなら、避けて通るよりよじ昇りたい!』

 

龍が手本とすべきプレーは立彦?

『ボールを持って前を向けさえすれば勝負になるかもしれない』

ミルコ監督から貰ったアドバイスを思い出します。

『手本とすべきプレーは前半既に見せてくれておるぞ、君の友達が』

立彦が4人に囲まれながらも突破し、シュートまで持っていったシーンが思い出されます。

『でも同じ状況でオレが下がっても、きっと荻本なら感づいてくる』

前半ボールが収まった瞬間から激しく当たられた記憶がよみがえります。

 

荻本の注意

ただ逃げるように下がり過ぎても意味が無い事も理解しています。

『誰がマークにつくのか迷いがでる守備のギャップを狙わないと!』

センターバック荻本とミッドフィルダーの間に入ってマークの受け渡しの隙を狙い、ボールを受け前を向く方法を考えます。

『まず荻本の注意をふりほどくのは簡単じゃないが・・・注意?』

 

龍の思いついた作戦とは

龍が思考を巡らせている間にも試合は動いています。

『どうやって俺様にバンバンボールよこす気か知らねーけど、口だけじゃねえだろ?一条』

左サイドに張っている桜庭も龍のひらめきに期待しているようです。

サイドラインを割り、武蒼ボールのスローンとなったところで、ゲームメーカーのコーメイこと水島恒明に駆け寄った龍は、彼に何か伝えます。

『なるほど、いけるかもな』

龍の案にコーメイも乗ったようで、龍のプランが動き出します。

 

龍のポジションの意図は?

リスタートの時に龍がとったポジションは、荻本のいるディフェンスラインから遥か後方、セントラルミッドフィルダーのコーメイとほとんど変わらない位置まで下がりました。

一見、龍が中盤にポジションチェンジしたように見えますが、矢沢・桜庭の両サイドは中へ絞らない為、2トップに変更した訳ではないようです。

外から見たら、荻本を嫌がった龍が逃げて下がったような印象を受けます。

『さすがにオレの守備範囲じゃねーわ』

センターバックのマークの範疇を超えている為、荻本は龍を追わずディフェンスラインに納まります。

荻本からしたら、龍が範囲内に入ってから寄せても十分対応出来る距離です。

スタンドで観戦している武蒼高校OB達は、龍が真ん中で起点にならないと、単調なサイド攻撃しか手が無くなる事を危惧しています。

 

注意の外からの挑戦

龍のポジション的に縦への選択肢が無い中、武蒼はショートパスを繋いでリズムを作っていきます。

『うしろで回す分には回させておけェ!』

荻本は武蒼得意のボール回しに対し、冷静に対応するよう指示します。

『注意をふりほどくのが難しいなら、注意の外から、いく!』

龍はただ下がっただけではなく、荻本に対抗する為に仕掛けの位置を変える意図があるようです。

 

荻本の読みを超える龍

武蒼のボール回しがコーメイに入る瞬間、龍がここぞとばかりに動き出します。

狙いはレッズユースのディフェンスライン上、荻本と室谷の間の地点です!

『おっと』

龍の走り出しを見た荻本は素早く狙いを察知し、室谷との距離を詰めます。

『感づかれた!』

コーメイは龍へのパス出しを躊躇しますが、荻本の動きを見た龍は、荻本が動いている逆方向に切り返します。

『だったら逆をとる!こい!』

荻本の重心の逆を取り、コーメイからのパスを呼び込みます!


あいつは折れないよ!という立彦の言葉通り息を吹き返した龍!

強い相手と対峙し、常に思考を巡らせながらプレーするのが龍らしいですね。

桜庭の特訓でさんざん付き合っていたオフザボールの動きがここで炸裂します!


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新353話ネタバレ・考察予想!

ミルコ監督のアドバイスを自分なりに解釈して挑戦を始めた龍。

立彦のプレーを参考に、荻本の守備範囲外から駆け引きを開始します。

試合中にも進化する、一条龍の真骨頂が発揮されます。

 

下がり目のポジションの狙いは?

前半は、荻本を背負った状態でパスを受けていた為、前を向く前に強烈な当たりでボールを奪われていました。

荻本の守備範囲の外でパスを受けると、相手は十分準備する時間が出来るデメリットはありますが、自身が判断や選択をする時間も生まれます。

まだ身体能力では荻本に及ばない龍がアイデアで勝負できる手段として有効です。

 

オフザボールの動きがカギを握る

荻本と室谷の中間地点に走り込んでマークのギャップを狙う動きは、早速荻本に察知されてしまいました。

荻本の危機察知能力の高さを利用して逆をつく事が出来た龍の動きは、桜庭との特訓で自身もずっと繰り返して来たオフザボールの動きです。

連動して桜庭と矢沢も動いているはずなので、ゴール前は一気に活性化します。

 

荻本義一から点を取るのは甘くない

後半早々、龍のひらめきでチャンスが生まれそうですが、相手はレッズユース、そしてU-20代表選手の荻本なので、簡単にはゴールは奪えないでしょう。

桜庭との1対1で見せた荻本のアジリティの高さから、1度重心を奪っても、すぐに追いつかれてしまう可能性は高いです。

しかし、すぐに潰されていた前半と違い、今の龍なら何度でもトライアンドエラーが出来る状態になったので、単発の攻撃では終わらないでしょう。

 

諦めずに成長する一条龍

U-17代表のボランチ、フィジカルモンスター・藤原乃亜と対戦した時も、初めて高校選抜の合宿招集された時も、最初は力を出せずに戸惑っていました。

ですが、その中でも思考を巡らせ、その場を楽しんで状況を乗り越えてきた龍の事なので、この試合の中で荻本に対抗しうる武器を見つけるのではないでしょうか?

やはり龍の成長を促す事こそ


前半のどうすればいいのか分らなかった龍とはあきらかに変わりました。

桜庭の思いを感じ取ってミルコ監督のアドバイスを貰ったおかげですね。

後半は立彦の想定を超える活躍が期待できそうです!

関連記事:BE BLUESネタバレ最新354話「荻本の攻撃参加で追加点を狙う」


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新353話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 353話 まとめ

今回は、2018年10月31日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新353話のネタバレ・考察予想をご紹介しましたが、如何でしたか?

後半早々から荻本に仕掛けていく龍!

前半までの迷いは無く、持ち前のひらめきを発揮しています。

桜庭にバンバンパスを出していくという約束通り、二人のコンビプレーでレッズユースの牙城を崩して欲しいですね!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新369話「日本一でも追いつけない立彦の活躍」

BE BLUESネタバレ最新369話「日本一でも追いつけない立彦の活躍」

BE BLUESネタバレ最新358話「龍は萩本の攻撃を止められるのか」

BE BLUESネタバレ最新358話「龍は萩本の攻撃を止められるのか」

BE BLUESネタバレ最新359話「武蒼は立彦を攻略することが出来ない」

BE BLUESネタバレ最新359話「武蒼は立彦を攻略できない」

BE BLUESネタバレ最新360話『諦めない龍が成長して立彦に追いつく』

BE BLUESネタバレ最新360話「諦めない龍が成長を遂げる」

BE BLUESネタバレ最新350話

BE BLUESネタバレ最新350話「立彦VSナベケン三度目の対決」

BE BLUESネタバレ最新355話「荻本は龍を止めることが出来るのか」

BE BLUESネタバレ最新355話「荻本は龍を止められない」