ジャイキリネタバレ最新495話「UAEを崩して椿にボールが回る」

ジャイキリネタバレ最新495話「UAEを崩して椿にボールが回る」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年10月25日発売の週刊漫画雑誌『モーニング』に連載中の漫画『ジャイキリ』最新495話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回はマチューがヨーロッパでは名の通った育成監督と言うことが判明しました。

プロ選手相手に上手くいかなかったマチューはUAEのオファーを受けそこで出会った原石イスマイール。

そのイスマイール要するUAEを攻めきれない日本は先制点をあげることができるのか?

それでは、2018年10月25日発売の『週刊漫画雑誌モーニング』に連載中の漫画『ジャイキリ』最新495話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


マチューがそんな名の通った監督だったのはびっくりしましたね。

あの若さでその実績は凄いと思いました。

そんな監督率いるUAEに白星を飾れるのか?

関連記事:ジャイキリ最新刊48巻発売日はいつ?発売後今すぐスマホで読める方法も

漫画『ジャイキリ』前回の内容は「マチューという監督」

 

試合の展開はどうなる?

両監督は握手を交わしました。

ブランはマチューのことを以前より知っている様子です。

マチューには前から会ってみたかったとの事。

ブラン『フランス人の指導者で君の名を知らない者はいないよ。

再びこうして活躍してると知って嬉しい限りだよ。

やっぱり君の才能は・・・本物だったってことだね。』

試合の方は花森にパスが通ります。

さらに花森は狭いところにパスを通して前方に供給します。

桐生が取りに行くがUAEのディフェンスに阻まれてしまいました。

桐生『くそ・・・コイツらの守備・・・相当整備されてんぞ。』

花森も悔しそうな表情です。

キーパーはイスマイールにボールを渡します。

イスマイールは前方にロングフィードします。

UAEの中盤の選手が前方へヘディングで繋ぎます。

ボールは一気に日本ゴール前へきました。

GK・星野『おいおいおい。

こんなんでやられてたらバカみたいだぞ。』

UAEのFWは越後に当てて外に出し、やや強引にコーナーを取りました。

 

花森とイスマイールの敵対意識

花森は自陣に戻っていきます。

暑いんだからあまり行ったり来たりさせないでくれと内心思っています。

そんな花森にイスマイールがちょっかいかけました。

軽く肩をぶつけて『お前の時代は終わりだ。

今のアジアのナンバーワンプレーヤーは・・・このイスマイールだよ。

ハナモリ。』

挑発的な発言をしましたが、花森には何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

イスマイールはコーナーキックを蹴りました。

いいボールがきたと思いUAEの選手は頭で合わせにいきます。

星野が掴んで日本はピンチをしのぎきりました。

マチューが声をかけました。

『いいボール蹴れてるぞイスマイール。

そのやり方でオーケーだ。』

マチューの表情はとてもよかったのでした

 

藤澤が隣の記者と話す

藤澤が隣の記者と話しています。

『ゴール前でこそ仕事をさせていないものの、イスマイールが徐々に目立ち始めた。

日本はボールを持ててはいるものの、効果的な崩しが出来ていない。

対し、UAEは組織的な守備をしてむしろゲームを優位に進めている印象すら受ける。』

UAEの若い監督についてよく知らない藤澤に隣の記者が説明します。

藤澤『相手のペースというのは時期尚早だが確かにUAEは一丸となって狙い通りやれている。

まとまりがある理由は・・・UAEの代表は9割が国内リーグの強豪2クラブの選手たちで構成されているから。

そしてその片方のクラブを去年まで率いていたのがあのマチューという監督。

かつてはフランスの育成年代では有名な指導者だった。』

 

マチューが経験してきたサッカー指導人生

マチューは育成年代では有名な指導者だったのです。

しかしトップチームの大人たちは全くまとめられない状態でした。

マチューは2クラブ続けて1シーズンもたずに解任されてしまいました。

もうこれで声をかけてくれるクラブはないと頭を抱えこんでいました。

世界的名監督になれると思ったはずなのに。

仕事もなく、ビーチでくつろいでいた時です。

マチューの携帯に代理人から電話がかかりました。

監督の打診案です。

国はUAE。

アジアのトップを目指しているUAEのクラブから、育成に定評があるマチューに話が舞い込んできたのです。

また育成からやり直し・・・

でもマチューはそれでいいと思っていました。

大人のギスギスした世界に疲れていたところだったからなのだと思います。

UAEのそのクラブに行ってみると、すぐに1人の少年に目がいきました。

その少年の名はイスマイール。

当時15歳。

近い将来UAE代表の王の座が約束されている少年との出会いだったのです。

6年が経って・・現在。

マチューは花森の隣にいるイスマイールを見ていました。

『俺を救ってくれたこの国のためにもここで日本を倒して、アジアのトップに立つぞ。

イスマイール!!』

若き野心が、前回王者に襲いかかります。


マチューとイスマイールにそんな信頼関係があったとは驚きですね!

イスマイールの挑発が読者からしては面白いものでした。


スポンサーリンク



漫画『ジャイキリ』最新495話ネタバレ・考察!

 

UAEの完璧な古谷対策

ボール支配率で上回るものの、なかなか攻めきれない日本。

志村は古谷にパスを出します。

古谷は一瞬出しどころに迷いました。

そしてパスを出したのは・・・右サイドを上がっていた桐生でした

しかしこのパスはカットされてしまいフラストレーションが溜まる桐生。

UAEの監督・マチューは余裕の笑みを浮かべています。

実況『またしてもUAEの守備が光ります。なかなか崩し切れませんニッポン!』

有里もイライラしだします。

べた引きして守られているのはわかるけど、それにしてもそこまで難しい相手なのか?

というか、せっかくのスタメンなのに椿が全然映りません。

何とかして、ブラン監督。

笠野が達海に意見を求めました。

達海の見解では『ブランが何とかしようにも、スタンドの声援が大きくて声が届かないだろう。

それに、UAEは日本対策をしっかり練って来ている。』

前線3人のハードワークが目立つが、その役割はパスコースの限定するものでした。

ウィングがサイドへのパスコースを切ることで、ボールを中央に誘い込み、そこで人数を掛けて奪いとるものでした。

そしてトップのFWは司令塔の志村をケアします。

危険なパスを出させずに、もう一方のボランチ古谷にはあえてボールを握らせる状況を作り出したのです。

古谷は中盤での守備目的で起用した選手です。

守備専門の古谷にパスの精度と展開力を求めるのは至難の業です。

というわけで、UAEは日本のパスを上手く誘い出してマイボールにしているというわけだったのです。

しかし実はこの話の核心は別の所にあります。

予想外の起用だったはずの古谷の先発に対してUAEの監督が短時間で選手たちに策を授けて徹底させているところでした。

選手と監督の間に相当な信頼関係が出来ていなければできない芸当です。

また古谷がボールを持っています。

桐生がパスを要求してきます。

城島『無理に行くな古谷!1回後ろで作ってこうぜ。』

古谷は判断に迷ってしまいます。

この様子を見てマチューはほくそ笑んでいました。

(よし、それでいい。

日本で最も警戒すべきは、何と言っても10番と7番・・とにかくそこに仕事をさせない。

そういうプランを話したときの・・・あのイスマイールの表情は忘れられない。

やってやるという顔だった。

花森たちを潰してこの試合を制すればアジアNO.1プレイヤーの座はお前のものだよ、イスマイール!)

椿がドリブルでサイドを上がっていこうとするのをUAEの選手がカットしてきました

そのボールがマチューの腹を直撃します。

椿も苛立ちを隠せない様子です。

『上手くボールを引き出せていない。

全体的にテンポが悪い。

相手が引いている以上、今の時間帯はこのやり方でいいのか?』

椿は何かを考えています。

 

日本ベンチでは焦り始める選手も

『なんか古谷さんのボランチ起用を逆手に取られた感じだなー』

というボヤキに対して秋森は『まあ別に問題ないだろ。』

と返します。

いくら向こうが狙いを持っているつもりでも、こっちが焦るほどの場面を作られている訳でもない。

城西『気をつけなきゃいけないのはどちらがやりたいことをできてるかによって、その後の流れが変わってくるということ。』

と言います。

越後が花森にパスを出します。

そのボールを花森の背後から飛び出したイスマイールがパスカットします。

スタンドは一気に盛り上がります。

秋森『だああ!ゴッちゃんのバカ!!』

ブラン『古谷!』

古谷がイスマイールに向かいます。

イスマイールはすぐにサイドにパスを出します。

マチュー『よぉーし!チャンス到来だ!!』

日本選手がサイドを追い込みました。

ボールはサイドから中央へパスがだされます。

ボールを持った選手には江田が付きます。

『打たせるなぁ江田!!』

苦しくなったUAEの選手は後ろから上がって来た選手にパスを出します。

 

日本代表の反撃開始

なんとそのパスを城島が読んでいました。

(大事なゲームでいつまで寝ぼけ面してやがんだ)

『なぁハナ!』

城島はカットしたボールを花森にパスしました。

UAEの陣形が崩れました。

達海『オラ、相手の陣形は崩れたぞ。せっかくの舞台でいつまでも猫かぶってんじゃねえよ。椿!』

花森はパスを出します。

ボールはサイドを猛然と上がって来た椿に渡ったのです。

関連記事:ジャイキリネタバレ最新496話「UAEがフリーキックで初得点」

 

495話を読んだ感想

やっと椿の見せ場が来ました!

でもその前にちゃんと自分でゲームの展開に疑問を持って考えていましたから。

そしてその考えがバッチリ当たったという事ですね。

また花森に戻して花森が決め、アシストでもいいのですが、この流れは椿がシュートですかね。

決めてくれ!椿!!


日本が攻めあぐねている状況でしたね。

さすがはマチューで選手との連携には信頼感を感じましたね!


スポンサーリンク



漫画『ジャイキリ』最新495話に関するSNSの感想・考察は?

 

漫画『ジャイキリ』最新刊が今すぐ無料で読める方法は?

ジャイキリ ネタバレ 最新476話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ジャイキリ』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『ジャイキリ』全巻も揃っていますよ!

ジャイキリ ネタバレ 最新476話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ジャイキリ』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ジャイキリ ネタバレ 最新 495話 まとめ

今回は、2018年10月25日発売の週刊漫画雑誌『モーニング』に連載中の漫画『ジャイキリ』最新495話のネタバレ・考察をご紹介してきましたが、如何だったでしょうか?

ようやく待ちに待った椿がボールに触りました。

このままゴールするシーンが容易に予想できますが、そんなに簡単にゴールが奪えるのでしょうか?

次回号の椿の活躍には期待したいですね!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャイキリ最新480話ネタバレ

ジャイキリ最新480話ネタバレ「日本代表が完封勝利?!」

ジャイキリ最新481話ネタバレ

ジャイキリ最新481話ネタバレ「中国戦のメンバー発表」

ジャイキリネタバレ最新505話「UAEのチームワークが崩壊する」

ジャイキリネタバレ最新505話「UAEのチームワークが崩壊」

ジャイキリ 持田 モデル

ジャイキリの持田のモデルは誰?他の選手のモデルもご紹介

ジャイキリ最新483話ネタバレ

ジャイキリ最新483話ネタバレ「中国が先制点を決める」

ジャイキリ最新484話ネタバレ

ジャイキリ最新484話ネタバレ「モレッティ監督の野望とは」