BE BLUESネタバレ最新357話「レッズユースがカウンター開始」

スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年11月28日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新357話のネタバレ・考察予想をご紹介します。

355話では、優人からの縦パスをヒールでフリックして前線に走り込む岡村に合わせた龍!

岡村は前方に立ちはだかる荻本のプレッシャーに驚愕しながらも、右ウイングの矢沢にスルーパスを出しました。

惜しくもゴールキーパーがクリアーしゴールはなりませんでしたが、岡村はじめ、武蒼はレッズユース相手に優位に展開出来ている事を実感します。

武蒼の攻勢は終わらず、コーメイからの縦パスが今度は絶好調の龍に入りました!

それでは早速、2018年11月28日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新357話のネタバレ・考察予想をご紹介していきますので、最後までお見逃しなく!


龍にボランチがマンマークで着いた為に中盤は自由度が増しましたね。

速いパス回しが得意な武蒼の持ち味がようやく発揮されてきました。

龍のイメージを武蒼攻撃陣が体現するという、武蒼の必勝パターンですね!

関連記事:BE BLUES最新刊32巻発売日いつ?最新刊をスマホで読める方法も

漫画『BE BLUES』前回の内容は「波の読むように試合を進める」

先程のプレーと同様、岡村が前線に飛び出し、今度は同時に龍も前に出ました。

レッズユースのダブルボランチが対応に迷ってる間にコーメイは龍に縦パスを出します!

それを見てから二人掛かりで龍に寄せますが、絶好調の龍に対しては遅すぎる反応で、龍はトラップと同時に素早く判断し、二人の間を切り裂いてドリブルを開始しました!

 

龍のマグネットターン!

『寄せが甘い!』

ターン一発でレッズユースのダブルボランチを置き去りにする龍の動きのキレには敵も味方も驚きの表情を隠せません。

そのままセンターバックの荻本に向かって行き、勝負を仕掛けるかと思いましたが、並走する岡村にショートパスを出し、自身はそのまま縦に走り込みます。

龍がワンツーパスを貰うのを警戒したレッズユース守備陣でしたが、龍は空いているスペースではなく、荻本と室谷の両センターバックの隙間に走り込んできました!

 

オフザボールの動きからのシュート!

スペースが無くても勝負出来ると思われたと、龍にナメられたと感じた室谷は龍の動きに食らいつきます。

しかし、龍の動きはワンツーを受ける為のものではなく、センターバック二人を引き付けて岡村のシュートコースを開ける為のものでした。

敵も味方も龍のプラン通りに動いた状況で、岡村はフリーでシュートを放ちます!

岡村のシュートはゴールポストの左にそれ、枠を捕らえる事は出来ませんでした。

『おしい!』武蒼ベンチやスタンドではため息と頭を抱える姿が目に入ります。

 

龍が覚醒してゲームを引っ張る

後半に入って明らかに龍がゲームを引っ張っている状況にスタンドもどよめきます。

『龍、おまえ乗ってるな!』

ターンの鋭さと、マーカー二人が寄せてきたのに突破した判断を誉めますが、龍はそんなにプレッシャーを感じなかったからと意に介しません。

『いやいや、言うほど甘くなかったぜ!』

コーメイの言葉に、冷静にさっきの場面を思い出す龍は

『言われるとたしかにそうだったかも・・・』と、振り返ります。

『覚醒中か!』

龍の判断力や身体の感覚は絶好調という粋を超えているようです。

 

武蒼の流れが止まらない!

『とにかくウチの流れ、ものにすべきです!』

流れと感覚が逃げないうちに結果を出したい龍の意見にはコーメイも同意します。

『賛成だ。この調子で推せば点が入る』

決定的な場面でシュートを外した岡村は悔しそうな顔をしています。

『枠とらえたと思ったのに、あいつが視野に入ったせいで・・・』

レッズユ-スゴール前の荻本を恨めしそうに見つめます。

 

寄せては返す流れ

レッズユース守備陣は、この流れを断ち切るべく話し合いますが、荻本の考えは違いました。

『しょうがないじゃない、逆らってもね』

ピンチが続く状況の中でも、荻本だけは冷静に敵を分析していました。

『どうやら無理やり押し戻せるほどの戦力差ではないね、ウチとあちら』

あきらめともとれるような物言いに静まり返ってしまうレッズ守備陣に荻本は続けます。

『流れが向こうのうちにもがいても消耗するだけかもしれないよ、勝負は潮目を読むのも大事でしょ』

前線で待つ立彦を見ながら流れは寄せては返すものだと語ります。

『おおきく返すには、引き込んで溜めこんで、どんだけ寸止めくらわすかだ』

不敵な笑みを浮かべながら、武蒼を飲み込む程の自信をのぞかせるのでした。

 

最新356話を読んだ感想

龍のターン一発でマーカー二人を置き去りにしたドリブルは圧巻でしたね。

でも本当に凄いのは、敵も味方も思うようにコントロール出来ている事です。

昔から乗ってきたら止められないタイプでしたが、今回の覚醒は桁外れですね。

岡村もポジショニングや走り込むタイミングとか素晴らしいんですけど、
シュートモーションの時に、瞳に荻本のツンツン頭が映り込んでました。

荻本のプレッシャーを一度受けたら、精神的にずっと引きずってしまうみたいです。

荻本の、劣勢と理解していながらも自信に満ちた雰囲気は恐ろしいですね。


荻本と対峙した時の龍の表情が前半とは明らかに違いました!

あの場面で真っ向勝負も見たかったですけど、覚醒している今の龍は全体の様子が把握できているから最も可能性の高いプレーを選択できるのでしょう!


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新357話ネタバレ・考察予想!

覚醒中の龍を中心に攻勢を続ける武蒼は勝ち越しゴールが欲しいところです。

対するレッズユースは、武蒼の力を認めたうえで、流れに逆らわず、寸止めくらわすという荻本の言葉に現わされるような戦略的な守備を仕掛けてくるのでしょうか。

 

荻本の展開を読む作戦とは?

荻本の言葉を要約すると、勢いに乗っている武蒼の流れに無理に逆らわず、攻め続けさせて水際で防ぎ続けるといったもののようです。

確かに、岡村にプレシャーを与えた事で、スルーパスやシュートの精度を下げさせて

『惜しかった』

という印象を残してゲームを切る事が出来ていますが、荻本以外がプレーに関与しない場面でのピンチは同じように防ぐ事が出来るのでしょうか?

レッズユースは全国から集められたエリート集団ですが、U-20代表の荻本は別格で、他の選手が同等のプレーを今の武蒼に実践できるのかは分かりません。

 

武蒼のスタミナ切れが狙われる?

荻本の狙いは、武蒼の攻め疲れを待っている可能性があります。

武蒼の攻撃は活性化されている為、激しいポジションチェンジやオフザボールの動きを繰り返していて得点の匂いがしている間は動きを止めないはずなので、チャンスの場面を与え続けて更にその全てを防ぎきって自滅するのを待つ方法です。

今の武蒼は龍のイメージのままに攻撃を繰り出している為、バリエーションが豊富でいつまでも防ぎ続けられるのかという懸念はあります。

 

レッズユースのカウンターの脅威

もう一つの可能性は、相手が前がかりになった所を狙ってカウンター攻撃を仕掛けるという方法です。

レッズユースの手数の少ないショートカウンターの強力さは実証済みですが、これだけ攻めていたら武蒼も危機感が薄れているのではないでしょうか。

現在は武蒼が支配力を高めている為、良いタイミングでボールを奪えるのかはやはり荻本次第となってしまいますが、荻本・慶吾・立彦のホットラインが再び炸裂する可能性は高いです。

荻本の流れを読む力が龍を上回っているのであれば、今の武蒼の攻勢もすぐにピンチになってしまうでしょう。


荻本の不敵な笑みは自信の現れですね。

U-20代表の荻本は格上と戦う機会も多いと思われるので、流れを読んでのカウンターも必須の技術なんでしょうね。

モウリーニョのような『強者のカウンター』が武蒼に炸裂してしまうかもしれません!

関連記事:BE BLUESネタバレ最新358話「龍は萩本の攻撃を止められるのか」


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』ネタバレ最新357話に対するSNSの感想・評判は︖

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 357話 まとめ

今回は、2018年11月28日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新357話のネタバレ・考察予想をご紹介してきましたが、如何でしたか?

プレーを繰り返すごとに凄みを増していく龍のプレーとそれに呼応する武蒼攻撃陣!

繰り返されるチャンスに得点の匂いもしてきますが、荻本は不敵に笑います。

覚醒した龍の攻撃を受け止め、レッズユースの逆襲に繋げる自信があるのでしょうか?

飛び級でU-20代表にまで昇りつめた世代最強のディフェンダーのタクティクスが武蒼の背後から迫ります!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新343話『優人起点のカウンター』

BE BLUESネタバレ最新343話「優人が戦う理由」

BE BLUESネタバレ最新356話「荻本に踊らされる武蒼」

BE BLUESネタバレ最新356話「荻本に踊らされる武蒼」

BE BLUESネタバレ最新361話「龍のフリーキックで同点に追いつく」

BE BLUESネタバレ最新361話「龍のフリーキックで同点に追いつく」

BE BLUESネタバレ最新337話

BE BLUESネタバレ最新337話「大浦南と2度目の対決」

BE BLUESネタバレ最新348話

BE BLUESネタバレ最新348話「立彦の本気の実力」

BE BLUESネタバレ最新351話「桜庭が初めて語る本音」

BE BLUESネタバレ最新351話「桜庭が初めて語る本音」