BE BLUESネタバレ最新358話「龍は萩本の攻撃を止められるのか」

BE BLUESネタバレ最新358話「龍は萩本の攻撃を止められるのか」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年12月5日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新358話のネタバレ・考察予想をご紹介します。

356話では、コーメイからの縦パスを受けた龍は、レッズユースのダブルボランチをターン一発で置き去りにし、センターバック荻本に向かってドリブルを仕掛けます。

武蒼ミッドフィルダー・岡村に横パスでボールを預けた龍はディフェンスの隙間に走り込みますが、これはワンツーパスを受ける為ではなく岡村のシュートコースを開ける為の動きでした!

岡村のシュートは枠を外れてしまいますが、龍の能力が覚醒状態のうちに追加点を奪いたいと武蒼の攻撃は勢いを増していきます。

焦るレッズユースの中で、荻本は武蒼の流れは止められないが、流れは寄せて返すものだとあえて防戦を続ける選択をとります。

それでは早速、2018年12月5日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新358話のネタバレ・考察予想をご紹介していきますので、最後までお見逃しなく!


キレッキレの龍のターンはまるでメッシのようでした!

絶好のチャンスでしたが、岡村は荻本のプレッシャーが頭から離れないようでしたね。

流れは確かに武蒼なんですが、荻本は策略に自信があるようですね。

関連記事:BE BLUES最新刊32巻発売日いつ?最新刊をスマホで読める方法も

漫画『BE BLUES』前回の内容は「薄く、硬い壁」

後半15分を過ぎ、なおも武蒼の攻勢は続いています。

『こぼれ球!押しこめ!』

ゴール前の浮き球を矢沢がボレーで捕らようとしたところに、レッズユース守備陣が左右から必死に足を伸ばします!

矢沢は相手の足をかわしシュートを放ちますが、シュートコースが限定されたせいか、ゴールキーパーがパンチングでクリアしました。

 

引いて守るレッズに迫る武蒼の猛攻

5分間ほぼ一方的に攻めている武蒼に、ベンチもスタンドも興奮を隠せません。

レッズユースは攻撃的なウイングバックも下がり、5バック状態となっています。

『今日の龍はちょっと・・・すげえ!レッズの選手にぜんぜん負けてねえ!』

ベンチで見守る控え選手やマネージャーも龍のプレーに期待を込めて声援を送る中、ミルコ監督だけは静かに戦況を見守っています。

 

マンマークをものともしない龍!

龍にマンマークについているレッズユースボランチ・山口をしっかり腕で押さえながらドリブルする龍は、そのまま山口を振り切り、再びゴールに向かい猛進します。

『荻本のプレッシャーに比べたら、軽い!!とても!』

覚醒中の龍にとっては山口は簡単にかわせる相手ですが、山口を振り切った先には
荻本が待っています。

途端にズンッっと重いプレッシャーを感じる龍!

『荻本の守備圏内に踏み込んだだけで、この・・・圧!!』

 

サイドバックの攻撃参加で更にチャンスを広げる

『龍!』コーメイが龍の左側のスペースを確保してボールを要求し、龍も素早くパスを出します。

コーメイはパスコースを探しますが、龍は3人に囲まれている為リターンパスは出せません。

左サイドで桜庭がアピールしますが、密着マークを受けている為、こちらも出せません。

ここで絶妙のタイミングで左サイドバックのポールがオーバーラップしてきました。

コーメイからのスルーパスを受け、ポールは左サイドを深く抉ります。

 

龍と荻本のセンタリングの競り合い

『クロス警戒!』

ディフェンスが必死に足を伸ばしますが、足が届く前にポールはセンタリングを上げます!

マイナスに曲がった絶妙なセンタリングが龍の目の前に届きます!

龍がダイビングヘッドを決めるのに最適なコースでしたが、荻本が体を投げ出しながら足を延ばし、龍の顔面の前でボールを蹴り出しました!

龍と荻本がもつれて倒れている間に、レッズユースはボールを大きく前にクリアしました。

『寸♪寸♪すん寸止め!』

必死のクリアを見せた荻本は楽しそうに口ずさんでいます。

 

ルーズボールで流れが変わる?

クリアしたボールは大きくバウンドしながら武蒼ミッドフィルダー・青梅優人の目の前に
転がります。

『まだしばらくの辛抱か・・・』

そう呟きながら立ち上がった荻本ですが、ピッチの様子をみて何かに気づいたようです。

『いや!きたね!』

バウンドするボールを優人が収めようとした時、レッズユースの三石慶吾が割って入り、ヘディングでボールのコースを変え、そのまま追いかけます。

 

猛攻の裏に潜んでいた危機

ミルコ監督はこの状況の危うさに気づき、立ち上がって声を上げます。

『攻撃に頭がいきすぎて切り換えが遅れてるぞ!戻れ!!』

ボールに追いついた慶吾はすぐにキープします。

『調子のりすぎだぞ、ここまでだ!!』

攻撃陣が守備に戻っていない状況に、優人は慶吾を足止めしようと密着します。

『みんなが戻る時間を稼ぐぞ・・・』

武蒼攻撃陣が守備に戻るなか、荻本も前に走り出します。

『時間?やらないよ』

 

最新357話を読んだ感想

龍の動きは依然キレッキレで、武蒼の攻撃は波に乗っていますが、レッズユースは荻本の策略通りギリギリのところで攻撃を防いでいました。

かなりリスクの高い策ですが、流石全国から集まったエリート集団は実行するんですね。

荻本が潮目の変化を見極めた瞬間は、今までルーズボールを必死に追っていた武蒼攻撃陣が、すぐに戻らないでその場に足を止めた状況でしたね。

慶吾のインターセプトもすぐにプレスをかけられていたら防げたんでしょうが、まさにチャンスに潜んでいるピンチが姿を現してしまった瞬間でした。


武蒼の攻撃の流れを止めたのは、荻本でも慶吾でもなく自分たちの意識でした!

これが荻本の言っていた寄せては返す波って事なんでしょうね。

これまで沈黙していた慶吾、そして立彦が決定的な仕事をしてしまうんでしょうか?


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新358話ネタバレ・考察予想!

武蒼は最高の流れを掴んでいたが故に、最大のピンチを迎えてしまいました。

荻本は武蒼が前のめりになっている以上、こういう状況が必ず訪れると読んでギリギリの守備を続ける策をとっていたのでしょう。

レッズユースは前半に何度も鋭いカウンターを見せてきましたが、今回は武蒼の形の悪さがあるので致命的になりそうです。

 

守備意識の薄い状況でのカウンター対応

前半は、レッズユースの攻撃力に苦しんでいたので、守備に追われる展開が多く、
人員も守りに割いていました。

今はミッドフィルダーのコーメイと岡村に加え、左サイドバックのポールも前線に残っている為、万全な守備は期待できません。

レッズユースもウイングバックがデシフェンスラインに吸収されていて、前線にいるのは
センターフォワード立彦とシャドーストラーカー大東、そしてボールキープしている慶吾だけですが、前半に慶吾と立彦だけで先制点を挙げられたのを考えると、武蒼にとってはそれより厳しい状況です。

 

優人は慶吾を止められるのか?

ボールキープしている慶吾のマークにつく優人は、ボールを奪う守備ではなく、攻撃を遅らせるディレイの守備を心がけています。

縦の突破と立彦へのパスのみ警戒して、不用意に足を出さなければ、ボールを取る事は出来ませんが、振り切られて致命的な場面になる可能性は低いです。

しかし、得点シーンで見せた慶吾の超絶技巧は、何を仕掛けて来るか分らない意外性もあります。

一度やられている優人は今度こそ慶吾を止める事が出来るのでしょうか?

 

荻本の攻撃参加の脅威

攻撃陣が守備に戻るまで時間を稼ごうとする優人に対して、荻本は『時間?やらないよ』と言いました。

荻本はここで仕留める為に、これまでのような少人数でのショートカウンターではなく、
攻撃の人員を増やして猛攻を仕掛けて来ると思われます。

ウイングバックがディフェンスラインに入っている状況は、荻本が前線に上がっても守備の人数は足りているという事になります。

武蒼に致命的となる勝ち越し点を挙げる為に、ついに荻本が攻撃参加しくるようです!

 

レッズ攻撃陣への対応は出来るのか?

優人が慶吾に対してマークにつき、立彦にはセンターバックの阿部と南部が二人掛かりで対応し、必然的に大東には右サイドバックのレノンがマークについている状況となるので、荻本が攻撃参加するとなると、龍が荻本を止めないといけません。

龍の動きは覚醒中ですが、フィジカルや競り合いが向上している訳ではないので、
荻本のパワープレーを抑えるのは至難の業となります。

いずれにしても優人がどれくらい時間を稼げるかが大きなポイントになりそうです。


前半、ピッチの時間を止めた慶吾のテクニックがまた炸裂するんでしょうか?

前半で待ち続ける立彦は、この場面でも慶吾がボールを届けるのを待っているんですかね?

荻本の攻撃参加は見てみたいけど、武蒼にとっては恐怖でしかないですね。

関連記事:BE BLUESネタバレ最新359話「武蒼は立彦を攻略できない」


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新358話ネタバレ・考察予想に対するSNSの感想・評判は︖

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 358話 まとめ

今回は、2018年12月5日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新358話のネタバレ・考察予想をご紹介してきましたが、如何でしたか?

武蒼の攻撃を寸止めし続けていたレッズユースが遂に反撃の狼煙を上げました!

荻本が狙っていた展開のまんまとはまってしまった武蒼!

カウンターを喰らってしまった危機感と、これだけ攻めても得点出来ない焦燥感で
急激に流れがレッズユースに傾いてしまいます。

優人がディレイをしている間に龍達が守備体勢に戻る事は出来るのでしょうか?

慶吾と立彦、そして荻本が再び武蒼ゴールに迫ります!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新359話「武蒼は立彦を攻略することが出来ない」

BE BLUESネタバレ最新359話「武蒼は立彦を攻略できない」

BE BLUESネタバレ最新339話

BE BLUESネタバレ最新339話『龍と荻本の直接対決』

be blues 最新刊 32巻無料 電子書籍

BE BLUES最新刊32巻無料が読める電子版アプリとは?ネタバレ・感想も

be blues ネタバレ 最新 332話

BE BLUES最新332話ネタバレ考察!後半で新谷が得点に絡んでくる?!

BE BLUESネタバレ最新341話

BE BLUESネタバレ最新341話『立彦と慶吾のコンビプレー』

BE BLUESネタバレ最新348話

BE BLUESネタバレ最新348話「立彦の本気の実力」