ダイヤのA act2ネタバレ最新149話「沢村のミスから先制点を奪われる」

ダイヤのA act2ネタバレ最新149話「沢村のミスから先制点を奪われる」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年12月12日発売の『週刊少年マガジン』に連載漫画『ダイヤのAact2』最新149話のネタバレと感想をご紹介します!

1回表ー無死二塁、由良総合の奇襲攻撃が成功してしまい、ランナーを背負ってしまった沢村。

ファーストプレーでの悪送球を引きずっているのか、その後もいつもの投球が見られませんでした。

沢村が調子を取り戻すことが出来るのか気になる所です。

そしてついに由良総合に先制点を許してしまった青道。

一塁と三塁にランナーがいる中、果たして青道はこのピンチを乗り越える事が出来るのでしょうか!?

それでは、2018年12月13日発売の『週刊少年マガジン』に連載漫画『ダイヤのAact2』最新149話のネタバレと感想をご紹介していきますので、最後までお見逃し泣く!

関連記事:ダイヤのA act2全巻無料をzip・rarでダウンロードできない場合の対処法

漫画『ダイヤのAact2』前回の内容は「緊張で力む沢村」

 

初回から攻撃を仕掛けてくる由良総合

1回表・無死二塁、沢村の悪送球から由良総合の奇襲攻撃が成功してしまいました。

青道は由良総合の先制点を防ぐ事が出来るのでしょうか。

この人、足あったよなと百瀬の様子を沢村が確認しています。

一方で御幸が、由良総合の榊監督を見ていました。

片岡監督の師匠で青道野球の祖であるなら手堅く来てもおかしくない

1・2回戦でもバントのサイン多かったし

でも、ここはバントの構えなしか

当然進塁打は狙ってるよな

ランナー気にするなと言ってやりたいが、ここはしっかり牽制入れておこう

御幸が沢村に指示を出し、二塁ランナーを牽制。

『流石だ。全方位に神経が行き届いてやがる』

試合を見ていた榊監督が呟きました。

その後沢村が2番バッターに投球するも、結果はフォアボールでバッターは何もせず出塁してしまいます。

ここで御幸がタイムを取りました。

『沢村君がこんなに簡単にフォアボールを』

『ああ、珍しいな。やはりファーストプレーでのあの悪送球、あれを引きずっているのかもな』

『何やってんだ~』とブーイングを受ける沢村。

そして沢村の元に御幸が向かって行きます。

『ホラ、倉持見てみ』

『え?』

御幸に言われて沢村が見た倉持は、オーラを纏いながら構えを取り、ゆらゆらと揺れていました。

『一発もらっとくか?』

『遠慮します!!3回しかないタイムをこんなとこで使わなくても!!』

『ならしっかり腕を振れ。いつもの球が来てないぞ』

『自覚はありますはっきりと!!』

『いつもの球なら多少甘くてもそう簡単に打たれはしねぇ。ここを凌いでウチに流れを持ってこようぜ!』

『はい!』

『頼んだぜ』

そう言って御幸は戻って行きました。

 

バットを弾き飛ばすぐらいのストレート

激しく脈を打つ沢村の心臓。

くそ、何だこれ

身体がフワフワして足に力が入らねぇ

『沢村ー、まず一つ!!』

『慌てなくていいぞ』

『一つずつな!!』

声援を受けながら息をつく沢村。

ざけんな、エースだろ?

チームを引っ張るんだろ!?

こんな所で躓いてたまるか!!

ここで由良総合の3番バッターがバントの構えを取りました。

『御幸!!』

片岡監督が御幸に声をかけます。

バントで来るならやらせればいい

とにかくバッターに集中だ

無言で指示を出す片岡監督に頷く沢村と御幸。

ストレートをここに

バットを弾き飛ばすぐらいの球を

尚も激しく脈を打つ沢村の心臓。

そんなグラウンドの様子を、奥村が横目で見ていました。

西邦との試合じゃセーフティの構えにも動じず空振りを取ってた

それが今日は初級をあっさりと決められた

いつもの沢村先輩じゃない?

今日の試合の様子から、沢村が普段とは違う事に奥村が気付きます。

バントでくるなら来い、三塁で仕留めてやる

 

序盤から波乱の展開

沢村が振り被って投げました!!

しかし、沢村の投げたボールは打ち返されてしまいます。

『ヒッティングー!!詰まりながらもレフト線へー!!二塁ランナー、三塁を蹴ったぁ!!』

結城がボールをキャッチし、バックホームするも間に合わず。

『ホームイン。先制したのは由良総合。3番十条のタイムリーヒット!!』

ガッツポーズをしながら喜ぶ由良総合の選手達!

ベンチにいる青道メンバーは驚きを隠せないでいます。

『打たれました。先発沢村栄純』

開始早々、波乱の立ち上がりを見せる青道の試合。

そしてまだ続くピンチにどう立ち向かっていくのでしょうか!


精彩さがなくミスが目立った沢村の投球。

沢村は先発でエースナンバーのプレッシャーに呑まれてしまったのでしょうか?

試合開始早々、先制点を奪われてしまった訳ですが、試合はまだ始まったばかり。

沢村はプレッシャーから立ち直って、チームを勝利に導く事が出来るのでしょうか。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新149話ネタバレ・感想!

 

降谷が伝令に向かう

3番・十条のタイムリーヒットで初回に先制点を許してしまった青道。

『早くも伝令か』

『まだアウト一つも取れてないしな』

『しかも伝令降谷かよ。豪華だな』

グラウンドへの伝令に降谷が向かいます。

『代わろうか?』

開口一番、降谷が沢村に言いました。

『だだだだだ誰が!!第一お前肩作ってねぇだろーが!!』

『すぐ作るよ』

『うるせぇ!!』

『監督が言えって?』

御幸の言葉に降谷が頷きます。

『マウンド行って発破かけてこいと』

『なるほど』

どんな言葉を送るより降谷をマウンドによこす方が力みを取れるって事か

『それから内野は中間守備、外野は長打警戒。4番との勝負に集中しろとのことです』

それって三塁ランナーは返っても仕方ないと

沢村が俯いて考えています。

 

マウンド上で笑顔を見せる沢村

『まぁブルペンには川上がいるし。代わりはいるからな。ヒャハハ』

倉持が沢村を脅すように言いました。

川上は投球練習をしています。

『心配すんな。どれだけ点取られてもそれ以上に点取ってやるから』

『そうやで!!』

『思い切りいこう!!』

『ガンガン打たしてこいや!!』

降谷が沢村の方を見ます。

そして、グッと拳を握りました。

『栄純、一応準備しておくから』

『去れ!!今すぐここから!!そんでベンチで寝てろ!!今日はお前に出番はねーんだよ。二度とそのラインを跨ぐな!!』

沢村が降谷に猛抗議!

『こいつら』

まあでも、少しは沢村らしくなったかな

ここまで打点を稼ぎまくってる4番とはいえ、スクイズにダブルスチール、ランアンドヒット、何だって仕掛けられる

腹括るしかねぇな

御幸が横目で榊監督の方を見ました。

 

沢村の決意のストレート

アウトコースきわどい所、外れてもいいからしっかり腕を振れ!

そう思いながら御幸がミットを構えます。

そうだよな、みんないる

俺はただ、あのミットを

あの人のミットだけみてりゃいい!!

『ストライクー!!』

今度沢村が投げた球は見事ストライク!

『オッケイ!!』

降谷効果は抜群だった様です。

 

決め球を見破られてしまう

チェンジアップもカットボールも変化球は全部捨てていい

狙う球は一つ

これまで数々の修羅場をくぐってきたであろうこのバッテリーだ

ピンチになればなるほど自分達が一番自身を持った球を投げてくるはず

ここでその球を叩けりゃ、一気に打ち崩すことができるぞ

榊監督の狙いはこれだったんですね!

沢村が再びボールを投げました。

が、バッターに打たれてしまいます。

そのボールを春市がキャッチし二塁に送球。

二塁でランナーをアウトにするも、三塁ランナーがホームに返って由良総合に2点目が入ってしまいました。

『栄純くん!!とりあえず1つ目!!』

『春市先輩!!さすがっス』

これでワンアウトランナー一塁。

沢村も少しは落ち着く事が出来そうです!

次のバッターがバッターボックスに入って来ました。

そしてバントの構えを取ります。

『榊監督っとてこんな細かい野球を仕掛けてくる人でしたっけ?』

ベンチからグラウンドの様子を見ていた落合コーチが口を開きました。

『も、元々は強打で得点を上げていくイケイケな人で』

『ですよね』

今の2点目は想定内だが、心配なのは沢村の状態

夏は一発勝負のトーナメント

判断の遅れは許されない

落合コーチが片岡監督を見ています。

『ファール』

負けたら終わりの夏大会。

沢村はいつもの投球を取り戻すことができるのでしょうか?

関連記事:ダイヤのA act2ネタバレ最新150話「青道高校の反撃開始」

 

149話を読んだ感想

想定内とはいえ、2点目を取られてしまった青道。

やっぱり由良総合は一筋縄ではいかない相手ですね。

また随分と厭らしい戦術を使ってくるなと思いました。

勝負師とはこういうものなのでしょうか?

沢村には早くいつもの調子に戻ってほしいですね!


信頼できるバックがいれば、ピッチャーは安心して投げる事が出来る。

トーナメントは負けるとそこで終わりですから、是非とも青道には頑張ってもらいたいところです。

降谷に発破かけられていた沢村は見ていて面白かったですね!


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新149話に関するSNSの感想・評価は?

 

漫画『ダイヤのA act2』最新刊をスマホで今すぐ読める方法は?

ダイヤのa act1 全巻無料 zip rar ダウンロード

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ダイヤのA act2』最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ちなみに、前作の漫画『ダイヤのA act1』全巻もしっかり揃っていますよ!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

皆さんのお目当ての漫画『ダイヤのA act2』も全巻読めますよ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ダイヤのA act2』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ダイヤのAact2 ネタバレ 最新 149話 まとめ

今回は、2018年12月12日発売の『週刊少年マガジン』に連載漫画『ダイヤのAact2』最新149話のネタバレと感想をご紹介してきましたが如何でしたでしょうか?

由良総合に対しワンアウトを取る事が出来たものの、想定内とはいえ2点目を取られてしまった青道。

沢村は、降谷が伝令に来てから少しだけ沢村らしさを取り戻したようですがまだまだ不調の様子。

試合は始まったばかりとはいえ、早くいつものピッチングに戻って欲しいものです。

まだピンチは続きますが、このピンチを青道がどう乗り越えていくのか見ものですね!!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイヤのA act2ネタバレ最新138話

ダイヤのA act2ネタバレ最新138話「夏合宿で青道高校が急成長」

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話「沢村がエースナンバー確定」

ダイヤのA act2ネタバレ最新136話

ダイヤのA act2ネタバレ最新136話「沢村が脱力投法を習得できるのか」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新126話

ダイヤのA act2ネタバレ最新126話「沢村のスタミナが鍵を握る」

ダイヤのA act2ネタバレ最新156話「青道が御幸の活躍で流れを取り戻す」

ダイヤのA act2ネタバレ最新156話「青道が御幸の活躍で流れを取り戻す」

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」