別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新113話「ジークの作戦が動き出す」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新113話「ジークの作戦が動き出す」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2018年1月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新113話のネタバレ・考察をご紹介していきます。

前回112話は、ニコロが武器として使ったワインにジークの脊髄液が入っていることを知り、ファルコを洗い流すシーンから始まりました。

そして、エレンとミカサが話をする中で、エレンが昔から思っていた事をカミングアウトしミカサはショックを受けます。

そして、ジークがついに動き始めたことを受けてリヴァイは、この状況をどう切り抜けるのでしょうか?

それでは、2018年1月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話113話のネタバレ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

関連記事:iPhoneで漫画zip・rarファイルをclipboxを使用して読む方法

漫画『進撃の巨人』前回の要点まとめ

ニコロに対して、自分がサシャの事を殺したことをカミングアウトしてしまったガビ。

ニコロがワイン瓶でガビに殴り掛かると、ファルコがガビを庇ってワイン瓶で殴打されてしまいました。

そのワインにはジークの脊髄液が入っており、ファルコの口に入ってしまい、口を水で洗い流しているシーンから始まりました。

脊髄液入りのワインは、イェレナの指示で兵団組織の高官に振舞うように指示されていたことが発覚。

ファルコの体を洗い流している所に武装したイェーガー兵士達が大勢押しかけてきて、ジークの居場所まで案内するように命じます。

エレンと話すミカサは、エレンが何かに操られており、本心で行動してきたわけではないと説きますが、エレンは否定。

ミカサがエレンに執着する理由が『アッカーマンの習性』だという事が発覚しました。

ミカサに対してひどい言葉をかけ続けるエレンに対してアルミンの我慢が爆発して掴みかかろうとするとこれをミカサが腕を掴んで阻止します。

ミカサはやはり本能でエレンを守ろうとしている事を身をもって体感したのでした。

リヴァイ兵長はジークの獣を継承させるべく、イェーガー派の人間に食わせようとしている様です。

ようやくエルヴィンとの誓いを果たせると回想するリヴァイ兵長。

その時ジークが走り出し、『うおおおおおおお』と叫び、空から森を囲んでいた兵士たちが巨人化して降り注いできたのでした。

 

前回の感想

ミカサやアルミンの元へ話をする為にやって来たエレンは、ライナーに会いに行ったときと同じく手のひらに傷を入れてきました。

ガビはエレンが巨人化する可能性を感じて怯えている様子がありましたね。

これもエレンの思惑通りでしょうか。

まさかミカサやアルミンに会いに来るとは思っていなかったので、会いに来た時点で驚きがありました。

エレンが、ミカサに対して『ずっと嫌いだった』といったシーンは、心が痛みました。

全く発言に戸惑いのないエレンの様子からして、本当にずっと嫌いだったんでしょう。


スポンサーリンク



漫画『進撃の巨人』最新113話 アッカーマン一族の秘密が明らかに?

漫画『進撃の巨人』のキャラクターの中でもアッカーマン一族としてアッカーマンを名乗っている人物は6名。

  • ミカサ
  • ミカサの父
  • リヴァイ
  • クシェル(リヴァイの母)
  • ケニー
  • ケニーの叔父

この6名がこれまでに登場しています。

彼らアッカーマン一族に共通する特徴は、戦闘能力が以上に高いということ。

そして、突然力に目覚めた瞬間を経験していること。

アッカーマン一族に共通する強さもさることながら、アッカーマン一族の中でもリヴァイは人類最強とも呼ばれる戦闘能力を持っており、4000人の兵士と同等の戦闘能力をたった1人で持っているといわれています。

また、ミカサも100人ほどの兵士と同等の戦闘能力を持っているといわれています。

ケニーに関しても、中央憲兵に憲兵を100人以上殺害し『切り裂きケニー』と人々に恐れられていました。

 

アッカーマン一族はマレー政府によって作られた?

アッカーマン一族は元より王家の伝承の為に作られ存在してきた巨人科学の副産物とされています。

エレンはアッカーマン一族について学んだといっていましたが、ジークがエレンに歴史を伝え、巨人科学の副産物であることもジークが伝えたと考えられます。

また、アッカーマン一族は人の姿をしたまま一部の巨人の力を引き出すことが出来る。

そして、リミッターが解除されることで、その身体能力が極限まで高められるという事も確定でしょう。

アッカーマン一族であるミカサは、ケガをしても治癒にかかる時間がかなり早いという事についてアルミンが昔ツッコんだ事がありました。

治癒能力が高いのは、巨人の力によるものなのではないかとも考えられます。

そして、エレン曰くアッカーマン一族は宿主を認識すると、血に組み込まれている習性が発動して宿主を守ろうとして動き出す。

このことは、アルミンがエレンに殴り掛かったときにミカサがアルミンを抑えた行動からも、確定事項といえるのではないでしょうか?

 

アッカーマン一族の力が覚醒する条件は?

アッカーマン一族の力が覚醒する条件として、

  • 死に直面した時
  • 戦わざるを得ない状況に追い込まれた時

というような事がこれまでは考えられていました。

前回112話でエレンが話していた事が本当だとすれば、

  • 誰かに命令されたとき
  • 誰かを守るタイミングで命令されたとき

に力が覚醒すると予想することが出来ます。

リヴァイ・アッカーマンは昔、ミカサ・アッカーマンに対して突然力が覚醒したことがある。

というような発言をした事があるので、この時に命令があったと思われますね。

ミカサはエレンに逆らう事が出来ないような状況になっているので、エレンの命令によって更に能力が覚醒する可能性も考えられますね。

 

アッカーマン一族の力が弱くなる?

以前、アルミンと隊長のどちらに対して巨人化の薬を使うかの選択が迫られた場面において、リヴァイ・アッカーマンの力が弱まりミカサ・アッカーマンに圧倒されるという出来事がありました。

実はその出来事の直前に、リヴァイ・アッカーマンの身体から蒸気が出ている姿が見られていることから、これこそがリヴァイ・アッカーマンの力が弱まる原因だと考えられます。

リヴァイ・アッカーマンは、ミカサ・アッカーマンと衝突する前に3,4m級の巨人討伐を新人調査兵団を助けながら行いました。

その後、獣の巨人の取り巻きである15m級を30体以上を倒し、その後も獣の巨人と戦いました。

なので、純粋にミカサと対決する前に肉体的に疲れ果ててしまってただけだとも考えられます。

巨人科学の副産物であるとするならば、巨人の力にも限界があるのと同じく、アッカーマン一族の力にも限界があると考えられますね。

つまり、リヴァイも戦闘を重ねるごとに消耗していき、その強さが発揮できなくなるという事態になりかねません。

空から降ってきた巨人達をどうするのか、分かりませんがリヴァイの残り体力を減らすことになるのは間違いなさそうですね。


スポンサーリンク



漫画『進撃の巨人』最新113話 ジークの叫びで巨人化が始まる

 

脊髄ワインによる巨⼈化が始まる

脊髄液入りのワインによって染色されていた兵士達。

リヴァイとの会話の様⼦から状況を察したジークは、やられる前にと先手を打って行動を始めました。

ジークが雄叫びを上げると、脊髄液入りのワインを飲まされていた兵士達が一気に巨人化して空から降ってきました。

リヴァイ程の戦闘力を持っている人物なら、ただの巨⼈が何匹いたところで全く問題はありませんが、走り出した本丸のジークに逃げられてしまう可能性があります。

仮に脱走したジークが街中で雄叫びを上げてしまえば、壁内が再び巨⼈だらけになってしまいます。

ジークは巨⼈化させる能力を使うか使わないかという事をエサにしてエルディアに対して何らかの交渉を⾏うと考えられています。

年月をかけて準備してきた作戦がついに決行される時が近づいてきていますね。

 

ジークの狙いはヒストリア?

巨人化の権限を持っているジークは、実質壁内は制覇しました。

では、ジークは何が狙いなのかと考えてみると、おそらくヒストリアでしょう。

ヒストリアはエルディア王族の⾎を引いている為、ヒストリアを手に入れれば、エルディア⼈と巨⼈の⼒の全てを⼿にすることが出来ます。

この方法はかなり強引なので、素直にヒストリアが応じるとは思いませんが、ジークにはまだ交渉のカードがありあそうですね。

と言っても、壁内エルディア⺠を全員巨⼈化させる事が出来ると脅せ簡単に従える事も出来そうなのですがね。

ジークが地鳴らしを⼿にする為にも、ヒストリアを従わせることは必要な条件となります。

 

ジークは世界征服を目論んで行動している?

ここまでして行動するジークの本当の狙いは何なのでしょうか?

ジークは、エルディアを攻撃していますが、脊髄液を浸透させる事にも年単位の時間をかけていますし、単純にエルディアの滅亡だけを目論んでいるとはあまり考えられません。

ですが、決してマーレのために働いているとは思えません。

ここで考えられるのは、ジークは⾃分が第三の勢⼒を組織しようとしているのではないかという所。

⾃分の国を作り、世界を征服する事がジークの真の⽬的ではないでしょうか?

ジークの寿命はいいところまで来ているのですが、ジークの意志は兄弟のエレンにしっかりと引き継がれていくでしょう。

実質エルディアはすでに⽀配しているので、島を起点にしてイェーガー家による新たな国を設立するかもしれませんね。

イェレナは⼀体何者なのか、そのあたりがポイントになっていきそうです!

関連記事:別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新114話「ジークの過去が明らかに」


スポンサーリンク



漫画『進撃の巨人』最新113話を読んだ読者の感想・考察

 

漫画『進撃の巨人』全巻が今すぐ無料で読める方法は?

少年マガジン ネタバレ 進撃の巨人 最新 105話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『進撃の巨人』を全巻を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『進撃の巨人』全巻も揃っていますよ!

少年マガジン ネタバレ 進撃の巨人 最新 105話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『進撃の巨人』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

進撃の巨人 ネタバレ 最新 113話 まとめ

今回は、2018年1月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新113話のネタバレ・考察をご紹介してきましたが、如何でしたか?

これまで明らかになっていなかったアッカーマン一族の事について、大方明らかになりました。

ミカサは血のレベルからエレンに従えるようになっているという事。

その事実を突きつけられたミカサは悲しみで涙を流しましたが、エレンの冷静で突き付けるような言い方も怖さを感じました。

いよいよジークが動き出し、物語も重要な局面に入ってきましたね!

 

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新111話「ミカサがエレンの捕獲作戦に参加する」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新111話「ミカサがエレンの捕獲作戦に参加」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新112話「ファルコが獣の巨人を継承する」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新112話「ファルコが獣の巨人を継承する」

別冊少年マガジン ネタバレ 進撃の巨人 最新 108話

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新108話「戦鎚の巨人の能力とは」

別冊少年マガジン ネタバレ 進撃の巨人 最新 106話

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新106話!鎧の巨人の継承者は誰がなる?!

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新109話

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新109話「エレンの持つ始祖の力」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新114話「ジークの知られざる過去が明らかに」

別冊少年マガジンネタバレ進撃の巨人最新114話「ジークの過去が明らかに」