ダイヤのA act2ネタバレ最新152話「援護を受けた沢村が絶好調に?!」

ダイヤのA act2ネタバレ最新152話「援護を受けた沢村が絶好調に?!」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年1月16日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新152話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介します。

倉持、小湊の連続長打で1点差に迫った青道。

御幸がフォアボールで出塁し、ランナーが1・3塁の絶好機に打席へ向かうのは青道No.1のプルヒッター・前園です。

青道は前園の打席で一気に同点とする事が出来るのでしょうか!?

そして沢村は調子を取り戻す事が出来るのでしょうか?

それでは、2019年1月16日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新152話のネタバレ・あらすじ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


綺麗な形で1点返した青道。

この調子でもう1点取って、沢村を援護したいところですね!

関連記事:ダイヤのA act2全巻無料をzip・rarでダウンロードできない場合の対処法

漫画『ダイヤのAact2』前回の内容は「1点を返した青道」

1番・2番の連続長打で由良総合に1点差へと迫った青道。

続く3番・白洲の打球の行方は、内野ゴロの進塁打でした。

続いて4番・御幸の打順では、御幸がバッターボックスに入るも由良総合側が勝負を避け、敬遠気味のフォアボールで1塁に出塁。

ランナーが1・3塁の絶好機に打席に向かったのは、青道No.1プルヒッター・前園健太です。

ここで由良総合のベンチから伝令を送ります。

スタンドで観戦していた観客も、初回から両チーム伝令を送るほど重要な局面がいきなりやって来たのだと話しています。

伝令の話を聞いている由良総合の選手達。

そんじゃーはっちゃけちゃって!!むっちゃはっちゃけちゃっちゃって!!

と、元気一杯に掛け声をかけています。

一点を返した青道、1アウト1・3塁の大チャンスで5番・前園。

ここで同点に持って行くことが出来れば、試合は振り出しに。

バッターボックスで構える前園に、北方が振り被って投げました。

初球はアウトコースギリギリの球でストライク。

由良総合のベンチでが榊監督もしっかり腕が振れていると呟いています。

大きく縦に割れるカーブが由良総合のピッチャーの持ち味。

カーブが猛威を振るう前に仕掛けておきたい所です。

そんな会話を落合コーチが片岡監督に話していました。

北方が振り被るのと同時に御幸が走り出しました。

北方が投げた球はまたアウトコースギリギリです。

これでツーストライク。

その間御幸は2塁へと進みますが、バッターは追い込まれてしまいました。

由良総合は、完全にバッターとの勝負に絞ったようです。

2球続けてカーブ、次は何で来るのか。

北方の投げた3投目もカーブ。

そのカーブを前園が打ち返します。

が、鋭い当たりもセカンド正面でランナーは動けず、これでツーアウトとなってしまいました。

由良総合の選手たちも、これでツーアウト、ここで止めるぞ!と北方を盛り上げます。

続く青道のバッターは6番の東条です。

まだまだ流れは止めないと考えている東条と、あと一つと考えている北方。

お互いに目の前の敵に集中しているいい顔をしています。

榊監督はそんな選手たちを見て、敵味方関係なくグラウンドにいる奴らの考えていることが、手にとるように分かるようになったのはいつからだろう。

全員必死で一生懸命だから、態度に、仕草に、表情に気持ちが現れていると。

そんなことを考えているうちに、北方の投球を打ち返した東条でしたが、レフトががっちりとキャッチ。

1回の攻防が終了します。

榊監督は、選手たちが自分の決断に必死に応えようとしてくれる事を感じている。

よくしのいだな!という榊監督の言葉に、由良総合の選手達は嬉しそう。

監督も、鉄心を思い出し、今の楽しくて仕方がない気持ちを抑えらずにワクワクしている様子。

由良総合のベンチの様子を見ている青道の選手達。

いつまでもくよくよしていられません。

切り替えて次です。

片岡監督が選手達に喝を入れます。

そして川上と奥村の激励を受けてマウンドに向かおうとする沢村。

すると片岡監督が沢村を呼び止めました。

そして頼んだぞ!!と拳を前に突き出します。

このまま由良に流れを渡すな。

皆の思いを受け、この流れを断ち切るべくマウンドへ。

 

感想

御幸が敬遠されるとは思いませんでした。

それだけ御幸が由良総合に警戒されているという事でしょうか。

前園もアウトを取られてしまいましたし、由良総合との試合はやっぱり一筋縄ではいかないですね。

正直なところ、同点にはしてほしかったかなと。

次は守りの青道。

気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね。

それにしても、グラウンドにいる選手達の考えている事が手にとるように分かるとは、榊監督はさすが妖怪野球ジジイですね。


榊監督は厳格な監督だと感じていましたが、そのコワモテな表情の下では試合を心から楽しんでいました。

鉄心の為に勝ちたいという気持ちも持ちながら戦う榊監督。

お互い背負う物がある対決には手に汗握ります!


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新152話で未だ1点差の青道高校

 

敬遠された御幸

倉持・小湊の連続長打で1点を返したものの、続く白洲は内野ゴロ。

御幸に至っては、勝負を避けられ敬遠されてしまい、フォアボールでの出塁でした。

御幸は、リード力や捕球力、そして強肩を誇る青道の頭脳として、1年の時から青道のレギュラーとしてプレイしていました。

打撃力も高く、相手投手の勝負球を狙い打つのが好みのようです。

中学の頃から色々な高校からのスカウトを受けていた選手であり、高校1年の時には雑誌に紹介記事が掲載された事もありました。

御幸はクリスを同じ捕手として尊敬していて、怪我が治らずレギュラーから外されてしまったクリスと正捕手争いをしたかったと悔やんでいました。

攻守共に優れている御幸だから、打たれないようにと榊監督は勝負を避けたのでしょうね。

 

カーブで焦らされた?

2球続けてアウトコースギリギリのカーブだった前園の打席でしたが、3球目もカーブでした。

結果鋭い当たりでしたが、打球がセカンドの真正面へと飛んでしまい、ツーアウトに。

前園は、打撃で長いスランプが続いていました。

ですが、同じタイプの伊佐敷や監督のアドバイスを受け、引っ張って打つことを心がけるようになります。

前園の努力もあり帝東戦でタイムリーを放ってからは活躍するようになりました。

新チームでは倉持と共に副主将に就任。

御幸の実力は認めているものの、控え選手の時期が長かった前園は控え選手の気持ちが良く分かっている事から、1年の時からベンチ入りしている御幸に対して、控え選手の気持ちは分からないと思っています。

そのため、チームメイトに対しても合理的な考え方や直球な発言をする御幸と衝突を起こしたこともありました。

ただ前園はパンチ力はありますが、大振りなのが欠点。

そのことを榊監督に見透かされていたのでしょうか。


結果的に由良総合としては4番の御幸を敬遠した策で正解でした。

松井秀喜さんのように、連続敬遠という展開もあり得ますね。

 

漫画『ダイヤのAact2』最新152話で榊監督の慧眼が冴え渡る!

 

榊監督は選手の考えが読める?

由良総合の榊監督は敵味方関係なくグラウンドにいる選手達の考えている事が手にとるように分かります。

必死で一生懸命頑張っている選手の態度・仕草・表情から選手達の考えを読み取っているのでしょう。

ですから、榊監督の作戦はどの試合でも見事にハマっています。

由良総合の1・2回戦も榊監督の策略で勝利を収めていますしね。

そのせいで妖怪野球ジジイの異名を持つ事になる訳ですが。

観察力というよりも、洞察力が優れているという事でしょうか。

どちらにしろ、榊監督が青道にとって脅威である事には変わらないですけどね。

 

片岡監督の恩師だから片岡監督の考えている事が分かる?

由良総合の榊監督は、青道高校元監督でした。

青道高校野球部を甲子園常連校へと育てた張本人です。

また、片岡監督が青道でプレイしていた学生時代の監督で、恩師でもあります。

片岡監督の負けん気の強い性格と、闘志に惚れ込んだ当時の榊監督が、1年秋よりエースナンバーを託しました。

当時鉄心と呼ばれた片岡監督の才能を榊監督が見抜いての抜擢だった訳ですが、見抜いていたという事はその頃から榊監督の慧眼は発揮されていたという事なのでしょうか。

片岡監督が学生の時に榊監督が指導し、共に過ごしていたていた訳ですから、片岡監督のクセや考え方・仕草や表情などを読み取れるのは、当たり前といえば当たり前なのでしょうが。


片岡監督のベースボールは榊監督仕込みの物。

これまで続けてきたスタイルを突然変えることも出来ないでしょうから、片岡監督の葛藤も見られるかもしれません。

序盤は恩師の采配に苦労するかもしれませんが、いつか裏を突いた作戦がハマってほしいです!


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新152話で青道は2回表を抑えきる事が出来るのか

 

皆の思いを背負った沢村は?

1点を返しはしましたが、スリーアウトでチェンジとなった青道。

再び守備につく事になった訳ですが、そうなると気になるのは沢村の調子ですよね。

徐々に調子を取り戻しつつあっても、まだまだ本調子とはいえない沢村。

1回戦の時と同じくミスをしてしまうのではないかと心配になってしまいます。

川上と奥村の激励によって、少しでもリラックスしてくれていると良いのですが。

チームの思いを胸に、沢村には気負わずに頑張ってほしいですね。


初回で2点失点してしまった沢村でしたが、味方が1点返してくれたことでかなり気持ちに余裕が出来たのではないでしょうか?

ここから尻上がりにペースアップしてもらいたいですね!

関連記事:ダイヤのA act2ネタバレ最新153話「やる気が空回りした沢村が降板?!」


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新152話に関するSNSの感想・評判は?

 

漫画『ダイヤのA act2』最新刊をスマホで今すぐ読める方法は?

ダイヤのa act1 全巻無料 zip rar ダウンロード

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ダイヤのA act2』最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ちなみに、前作の漫画『ダイヤのA act1』全巻もしっかり揃っていますよ!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

皆さんのお目当ての漫画『ダイヤのA act2』も全巻読めますよ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ダイヤのA act2』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ダイヤのAact2 ネタバレ 最新 152話 まとめ

今回は、2019年1月16日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新152話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介してきましたが、如何でしたか?

青道対由良総合、1回裏に青道が1点を返し1-2となりました。

次は2回表、由良総合の攻撃です。

由良総合に追加点を許す事なく、青道の攻撃に持っていってほしいですね。

今後の沢村の投球に期待です!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイヤのA act2ネタバレ最新160話「沢村に再びチャンスが訪れる」

ダイヤのA act2ネタバレ最新160話「沢村に再びチャンスが訪れる」

ダイヤのA act2ネタバレ最新147話「青道vs由良総合戦プレイボール」

ダイヤのA act2ネタバレ最新147話「青道vs由良総合戦プレイボール」

ダイヤのA act2ネタバレ最新142話

ダイヤのA act2ネタバレ最新142話「由良総合戦の先発投手」

ダイヤのA act2ネタバレ最新157話「エース沢村が再び先発を務める」

ダイヤのA act2ネタバレ最新157話「エース沢村が再び先発を務める」

ダイヤのA act2ネタバレ最新143話「エースになった沢村の葛藤」

ダイヤのA act2ネタバレ最新143話「エースになった沢村の葛藤」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新141話

ダイヤのA act2ネタバレ最新141話「エースナンバーは降谷で確定?」