ダイヤのA act2ネタバレ最新153話「やる気が空回りした沢村が降板?!」

ダイヤのA act2ネタバレ最新153話「やる気が空回りした沢村が降板させられる?!」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年1月23日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新153話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介します。

2-1で1点リードされる形となった青道。

沢村が3年生の意地や先輩達の想いも全部、グラウンドに立てない選手の分まで俺が変わりに投げると意気込んでマウンドに上がります。

2回表、一気にツーアウトまで持ち込み、最後はサードゴロに仕留め無失点で切り抜けた沢村でしたが果たして立て直すことは出来るのでしょうか?

それでは、2019年1月23日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新153話のネタバレ・あらすじ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


序盤からボロボロな状態の沢村。

主人公はこれくらいのスタートが似合っていると言われればそうですが、ここから何をきっかけに普段の投球を取り戻せるのでしょうか?

関連記事:ダイヤのA act2全巻無料をzip・rarでダウンロードできない場合の対処法

漫画『ダイヤのAact2』前回の内容は「2回表を無失点で切り抜ける」

一週間前、日が沈み切っても快音が止まず。

追いつけるぞ、ナベ、摑み取れ!

ボールに追いつきキャッチする渡辺。

残すは関と三村の2人。

ボール拾いをレギュラー陣が務め、ベンチ入りできなかった3年生のはなむけとして、本人達が納得するまで続けられる引退ノックが行われています。

まだまだ、こんなもんじゃ全然足りないよ。

俺らはもっと動けるぞと3年生たちはノックを受け続けます。

これまで費やしてきた時間、3年生の意地。

先輩達の思いも全部、マウンドに持っていく。

グラウンドに立てない選手の分まで俺が代わりに投げる。

しゃあ、ナイスボール沢村。

これでようやくツーアウトです。

エンドラン仕掛けてたか、ほんと抜け目ねぇ。

8番バッターに打たれたヒットもチェンジアップで崩し切れなかったから1球ごとにベンチからサイン出してるし、リードを読まれているとしか思えません。

だったら、読まれても打たれない球を配球しないと。

御幸が榊監督の方を見ながら考えています。

そして、沢村に投げるボールの指示を出しました。

最後はサードゴロに仕留めスリーアウト。

沢村はこの回を無失点で切り抜けました。

榊監督はリードを変えてきたのかと勘づきます。

あれだけ入れ込んだ投手をコントロールするのは難しいだろうに

榊監督が、沢村のピッチングが変わったのを見て、リードした御幸に対し考えています。

北方、あと三人頼んだぞ。

東山・大須、準備はいいなと確認。

常に先手を打ち、主導権を握り続ける。

あの投手が本調子に戻る前に、どれだけ切り崩せるかが勝負だなと榊監督は考えていました。

青道の攻撃、結城と金丸の打席はアウト。

続いて沢村がバッターボックスへと入ります。

北方、振り被って投げました。

北方の投球は沢村のバットへ当たったもののボテボテ。

俺が塁に出てチャンスを作る、後は皆に返してもらおうと一心不乱に走った沢村は一塁に向かってヘッドスライディング。

片岡監督を始め、皆が驚いた顔をしています。

ヘッドスライディングまでした沢村でしたが、残念ながら結果はアウト。

エースがこんな序盤からヘッドスライティングなんかして怪我をしたらどうするのかと。

気持ちが入っている入っていない以前の問題で冷静な判断ができていません。

沢村の様子を見ていた御幸。

前の回、カットボール改すらバットに当てられた、それはストレートが走っていない何よりの証拠です。

今の状態が続くようなら考えなければなりません。

3回表、由良総合の攻撃が始まり、沢村はレフト前ヒットを打たれてしまいました。

由良総合の追撃の手は緩みません。

 

感想

沢村が本調子じゃないのは、初先発と初エースナンバーを背負った事によるプレッシャーだとずっと思ってました。

ですが実際は、3年生の意地や想い、ベンチ入りできなかった選手達の分まで頑張ろうとした沢村の気持ちが空回りした結果だったんですね。

気持ちだけ突っ走っている沢村に、見ているこっちがハラハラしてしまいます。

誰か沢村を落ち着かせてくれる人はいないのでしょうか。

このままだと沢村がマウンドを下ろされてしまいそうな気がしてとても心配です。


気持ちが空回りしてしまう気持ちは分からないでもないですが、ヘッドスライディングはそれほど早くないですし手を怪我する可能性も高いです。

野手ならまだ分かりますが、手が一番重要なピッチャーというポジションでヘッドスライディングをしてしまうのは意識が足りないとしか言えません。

少し、テンパりすぎですね。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新153話でもなお空回りする沢村

 

沢村の不調はプレッシャーだけではなかった?

初先発と初エースナンバーで気負いすぎての不調かと思っていた沢村。

ですが、実際はプレッシャーは感じつつもそれだけではなかったようです。

青道初戦の一週間前に行われていた、ベンチ入りできなかった3年生のための引退ノック。

その3年生がこれまで費やしてきた時間・意地・思いを背負っての沢村の投球だったから、気持ちばかりが先走り、張り切りすぎて空回りしちゃっていたんですね。

それで力が入りすぎて、初回での悪送球やピッチングの不調に繋がってしまったのではないかと思われます。

確かに、毎日一生懸命練習してきたにもかかわらず、ベンチ入りできなかった選手の悔しさや葛藤は良く分かります。

が、沢村一人で背負わなくても良いのではないでしょうか。

沢村には頼りになる素敵な仲間がいるわけで、そういった想いもみんなで分かち合って力を合わせ勝利に導くのがチームなんじゃないかと私は思うのですが。

ただ、沢村は真面目で責任感が強いから自分がエースなんだからと思ってしまったのでしょうね。

 

沢村は調子が戻ってきたのか?

2回表・由良総合の攻撃では一気にツーアウトにすることに成功した沢村。

続くバッターもサードゴロに仕留め、この回を無失点で切り抜けることができました。

この回だけで見ると、沢村のピッチングの調子が戻ってきているようにも見えます。

ただ、いつもの沢村なら三振が取れている球も、相手バッターに転がされているところがあります。

相手バッターに打たれたヒットもチェンジアップで崩し切れていないので、調子が戻ってきているように見えてやはりまだ戻ってきてはいないのでしょうね。


沢村の変化球はストレートが走っているからこそ効果を発揮するものばかり。

ストレートが走っていなければカットボールもただの遅い球。

ストレートを絞られるのは覚悟してストレートを投げさせるのが良いのではないでしょうか?

 

漫画『ダイヤのAact2』最新153話で由良総合の戦略にハマる?!

 

榊監督の読みは的中?

御幸は、榊監督にリードを読まれていると考えていました。

そして榊監督はみんな必死でやっているから、プレーが表情に出ると前回の話で言っています。

このことから、榊監督は相手ピッチャーの表情から投げるボールも推測できると思われます。

沢村は色々とむきになり、おまけにもともと感情が顔に出やすいピッチャーのようなので、今までの投球もその表情から榊監督に読まれていたのではないでしょうか。

奥村のもっとだらしなく、ゆるゆるの顔でいきましょう!と言っていた通り、だらしなくゆるゆるの顔で登板すれば、榊監督に読まれることなく由良総合打線を崩すことができるのではないでしょうか。

 

由良総合の今後の継投策は?

2回裏の青道の攻撃で、北方にあと三人頼んだぞと言った榊監督。

という事は、先発の北方はこの2回裏までで、その後の由良総合のピッチャーは大須と東山になりそうですね。

試合前半から中盤が大須、そして中盤から抑えで東山を登板させてくるのではないでしょうか。

ただエース東山が抑えで登板した場合、終盤に競り負けてしまうかも知れません。

ここは早い段階で青道が同点、もしくは逆転しておいた方が良いかも知れませんね。


3人のピッチャーを回していく考えの榊監督。

一人3イニングずつ担当して毎回3人で切り抜けることが出来れば、一人一巡だけで済みます。

理想の形ではありますが、実現することは出来るのでしょうか。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新153話で沢村が交代させられる?!

 

沢村は冷静な判断ができていなかった?

結城と金城の打席は残念ながらアウト。

続く沢村は塁に出てチャンスを作ると意気込んでボールを打ち返し、気迫のヘッドスライディングをするものの、アウトとなり次へと繋ぐ事ができませんでした。

この時の落合コーチの気持ちが入っている入っていない以前の問題だ。

冷静な判断ができていない。

という考えと、片岡監督の表情、そして御幸のカットボール改すらバットに当てられた。

ストレートが走っていない何よりの証拠。

今の状態が続くようなら、という考えで沢村は降板させられてしまうような気がします。

それか、一旦他の守備につかせて頭を冷やさせ、再び登板といった形でしょうか。

沢村には最後まで投げきってほしいので、そうならないためにも早めに調子を戻してほしいです。


一旦外野に送るとすれば川上がリリーフすることになります。

となれば外野を守っている選手がベンチに弾かれるので攻撃面で不安が残ります。

ここは片岡監督の腕の見せ所ですね。


スポンサーリンク



漫画『ダイヤのAact2』最新153話に関するSNSの感想・評判は?

 

漫画『ダイヤのA act2』最新刊をスマホで今すぐ読める方法は?

ダイヤのa act1 全巻無料 zip rar ダウンロード

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『ダイヤのA act2』最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ちなみに、前作の漫画『ダイヤのA act1』全巻もしっかり揃っていますよ!

マガジン ネタバレ ダイヤのa 最新 121話

皆さんのお目当ての漫画『ダイヤのA act2』も全巻読めますよ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『ダイヤのA act2』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

ダイヤのAact2 ネタバレ 最新 153話 まとめ

今回は、2019年1月23日発売の『週刊少年マガジン』連載漫画『ダイヤのAact2』最新153話ネタバレ・あらすじ・考察をご紹介して来ましたが、如何でしたか?

ますます白熱してくる青道と由良総合の試合。

青道は逆転する事ができるのか。

そして沢村は本来の調子を取り戻し、降板する事無く最後までこの試合を投げ切る事ができるのか。

勢いづいてる由良総合の打線、沢村の力であっと言わせてやってほしいですね。

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイヤのA act2ネタバレ最新155話「沢村の意思を受け継ぐ投手陣」

ダイヤのA act2ネタバレ最新155話「沢村の意思を受け継ぐ投手陣」

ダイヤのA act2 ネタバレ・考察 最新128話

ダイヤのA act2ネタバレ最新128話「奥村の作戦が炸裂する?!」

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話

ダイヤのA act2ネタバレ最新137話「沢村がエースナンバー確定」

ダイヤのA act2ネタバレ最新148話「沢村のミスから先制点を奪われる」

ダイヤのA act2ネタバレ最新148話「沢村のミスから先制点を奪われる」

ダイヤのA act2 ネタバレ 最新125話

ダイヤのA act2ネタバレ最新125話「明石の真の実力とは」

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」

ダイヤのA act2ネタバレ最新161話「八弥王子戦で先発の降谷が大活躍」