BE BLUESネタバレ最新366話「立彦のプロ昇格で焦る龍」

BE BLUESネタバレ最新366話「立彦のプロ昇格で焦る龍」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年2月20日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新366話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介します。

慶吾のシュートをナベケンがファインセーブし、カウンターの起点となります。

ゴール前で勝負しろという龍の意図を汲み取った桜庭は前線に駆け上がり、その間にタメを作った矢沢が大きくサイドチェンジ!

エンドラインまでのスプリントでマーカーを振り切った桜庭の前に、荻本が立ちはだかります。

武蒼最後の攻撃は、荻本の壁を越えてゴールする事が出来るのでしょうか?

それでは早速、2019年2月20日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新366話のネタバレ・あらすじ・考察についてお届けしていきますので、お見逃しなく!


慶吾のゴール隅を狙いすましたシュートをキャッチしてマイボールにするとは流石ナベケンですね!

矢沢もレッズユース守備陣の必死のプレスをボールキープ出来たのは凄かったです!

みんなで繋いだボールを、桜庭がどう勝負するんでしょうか?

関連記事:BE BLUES最新刊34巻発売日いつ?単行本の値段はいくら?

漫画『BE BLUES』前回の内容は「立彦がトップチーム昇格を決める」

エンドラインまでダッシュした事でマーカーを振り切れましたが、シュートを打つには角度が無く、荻本は桜庭の切り返しに注視しています。

桜庭は1回またいで、すぐに中央にマイナスのパスを出しました。

シンプルな選択に騒然とする場内、あの桜庭がパスという選択をした事に誰もが驚きます!

レッズジュニアユースで同期だった聖和台の真鍋に至っては、あの自己中ワガママクソ野郎が、判断して出しやがった!と驚愕しています。

武蒼で唯一ゴール前に詰めていた矢沢のいるニア気味のポジションからは離れていて、軌道もマイナス気味の為、パスミスかと思われましたが、そのボールに向かって猛然と走り込む男がいました。

勝つのは俺サマ達だ、桜庭そう言いながら桜庭が視線を送る先には、桜庭のパスを信じて走り込む龍の姿がありました。

誰よりも早くボールに追いつき、ダイレクトで右足を振りぬく龍!

キーパーが横っ飛びするも間に合わず、ボールはレッズユースゴールに突き刺さりました!

うおおおお!!と雄叫びを上げる龍!

場面は変わって夕暮れ時、龍は優人と優希と一緒に帰宅の途についていました。

優希は桜庭がパスを出した事にびっくりし、誰も予測するのはムリな話だと嬉しそうに話しています。

優人は、龍一人だけが信じて、自陣から猛ダッシュをしたんだと言いますが、龍は否定も肯定もせず、体が勝手に動いたんだととぼけています。

話題は立彦の話となり、レッズユースのエースで年代別代表の中心選手となった立彦は、一緒にやっていた頃とは別次元に凄かったと優人は振り返ります。

ふと優希は、龍ちゃん、立彦に負けないで、と呟きます。

ずっと心に留めていた事が言葉に出てしまったといった感じでした。

それを受けて龍は、あいつは最高のプレーヤーだけど、俺も今日ふんばってついていけてたと自信を見せ、立彦の背中はまだ見失っちゃいないさ!と明るく言います。

それを聞いて安心する優希と優人、そんな話をしている時に、優人の携帯電話に立彦から着信が入ります。

オレさ、さっき、トップに行けって!龍!オレプロになるよ、明日!

立彦からの突然の報告に3人は驚きを隠せません。

 

感想

桜庭のシンプルなパスは、あれがドリブルバカの桜庭でなければ、荻本にドリブルで肉薄していなければ選択肢として想定できたのでしょう。

以前も桜庭が龍にアシストした事はありましたが、それはボールをロストしたら交代させると言われていてやむなくだったので、自身で選んだのはこれが初です。

桜庭が元々持っていた勝負へのこだわりはそのままで、自分が勝ちたいからチームを勝たせたいの変わったんですね。

それを信じて飛び込んできた龍も流石でした!

試合終了まで描かれずに唐突に帰宅シーンになってしまいましたが、立彦の報告は龍の今後にどう影響するのでしょうか?


桜庭が荻本に対して、散々お前をブチ抜いてやるって言ってたのがフリになってました!

桜庭が丸くなった訳ではなく、本当のサッカーを理解した瞬間ですね!

試合終了まで描かれなかったのは、龍がレッズにスカウトされたりしたんでしょうか?


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新366話で立彦が昇格した要因は龍との対決?

 

龍との勝負が立彦を進化させた

高校生のユース選手がJ1リーグ、つまりプロのサッカー選手に昇格するには、国際大会などで目覚ましい活躍をしないと難しいです。

同格や格下相手にいくら無双したところで、プロで通用すると認められることはまず無いと言っていいでしょう。

それでも武蒼高校との対戦の後に昇格の報せが来たという事は、立彦のプレーがこれまで以上に評価されたという事です。

ずっと目標としてきた龍と対決し、触発されて覚醒した力がプロでも通用すると認められました。

立彦の凄さを実感し、食らいついていけてたと感じていた龍にとっては、親友を祝いたい気持ちと、また差をつけられたという思いで複雑でしょう。

 

決め手は2点目のゴール

序盤から浮き球のセンタリングを逆足でダイレクトボレーで打ったり、5人に囲まれながら突破してシュートを打つなど、次元の違うプレーを見せていた立彦。

ですが、1点目の得点時は、タイミングよくディフェンスラインの裏に走り込み慶吾からのスルーパスを強烈なドライブシュートで決めましたが、あの時は慶吾の個人技が際立っていました。

やはり2点目の、荻本からのロングフィードをバックヒールで受け止めボレーで決めたのが規格外のスーパーゴールでした。

荻本率いる守備陣を攻略した龍に触発されて、自身が追い求めていた理想の龍に追いついたプレーこそが、J1への道を開いたと言えます。

 

漫画『BE BLUES』最新366話で立彦のプロ昇格を受けて龍はどう進む?

 

龍が武蒼高校に所属した経緯は?

小学生の頃の大怪我で、レッズジュニアユースへの入団が破談となり、リハビリ期間を経て大浦東中学サッカー部へ入部した龍。

高校進学時にレッズユースのトライアウトを受けるという道もありましたが、父親がインドネシアに転勤が決まり、大怪我の事もありこれ以上両親に心配をかけたくない龍はインドネシア行きを一度は決意します。

しかし、これからのサッカー人生を真剣に考えた結果、日本に残り、幼馴染の優希と優人の家に居候しながらサッカーを続ける決断をしたのでした。

その為、レッズユースのトライアウトは受けられず、スポーツ推薦での進学も選択できず、一般入試で最もレベルの高い武蒼高校を選んだのです。

 

立彦との環境の差が龍を焦らせる

武蒼は高校サッカーとしては名門ですが、普段対戦しているのは勿論高校のサッカー部で、所属しているリーグはプリンスリーグとなります。

立彦の所属しているレッズユースは、クラブチームとの対戦や海外遠征も多く、所属は最高峰のプレミアリーグとなります。

武蒼にもプレミアリーグ昇格の機会はありますが、今年頑張って昇格しても、来年レノンやコーメイの抜けた新体制で臨む必要があります。

普段の対戦のレベルの違いと、毎年チームを刷新して戦わなければいけない部活サッカーの宿命の差と言えます。

しかも立彦がJ1リーグの所属すれば、さらにレベルの違う戦いに身を置いて、差が開いてしまうのは明白です。

武蒼でのサッカーは龍に様々なものを与えて成長させてくれましたが、立彦の存在を強烈に意識してしまった今、龍が満足できる成長があるのでしょうか?


今回のレッズユース戦は龍にとっても武蒼にとっても最大のチャレンジでした。

これ以上の戦い、そしてこれ以上の成長が武蒼で出来るのか、悩ましいところですね。

関連記事:BE BLUESネタバレ最新367話「龍が立彦に追いつく決意をする」


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新366話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 366話 まとめ

今回は、2019年2月20日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新366話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

桜庭と龍のお互いを信じたプレーで、レッズから勝ち越しゴールを奪う事が出来ました!

立彦の別次元の実力を痛感しながらも、まだまだ追いつけると確信できたところで届いた立彦のJ1昇格の一報。

自身の前を走るライバルの更なる躍進に龍は何を思うのでしょうか?

龍が立彦に追いつくために必要なものとは一体何なのでしょうか?

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新337話

BE BLUESネタバレ最新337話「大浦南と2度目の対決」

BE BLUESネタバレ最新346話

BE BLUESネタバレ最新346話「優人を起点に攻撃開始」

be blues ネタバレ 最新 334話

BE BLUESネタバレ最新334話「立彦は龍を待っている?」

BE BLUESネタバレ最新340話

BE BLUESネタバレ最新340話『レッズのカウンターアタック!』

be blues 面白い 口コミ 評価

BE BLUESは面白い?つまらない?口コミ・評価まとめ

BE BLUESネタバレ最新361話「龍のフリーキックで同点に追いつく」

BE BLUESネタバレ最新361話「龍のフリーキックで同点に追いつく」