BE BLUESネタバレ最新368話「武蒼高校が初タイトルを獲得」

BE BLUESネタバレ最新368話「武蒼高校が初タイトルを獲得」
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年3月6日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新368話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介します。

立彦のトップチーム昇格に驚く武蒼イレブンの中で、桜庭はライバル視していた立彦の躍進が悔しくて認められません。

自分と同じ心境だと思っていた龍が立彦を応援したいと言った事で、桜庭の怒りの矛先は龍に向かってしまいます。

試合で信頼関係を築けたと思っていた二人に一触即発の事態が訪れます!

それでは、2019年3月6日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新368話のネタバレ・あらすじ・考察についてお届けしていきますので、お見逃しなく!


レッズユースに勝利してわだかまりが無くなり、せっかくキレイな桜庭になれたのに、立彦への悔しさですぐにいつもの濁った桜庭に戻ってしまいました。

まあ、これでこそ桜庭って感じもするんですけど。

関連記事:BE BLUES最新刊34巻発売日いつ?単行本の値段はいくら?

漫画『BE BLUES』前回の内容は「桜庭が壮大なプランを提案する」

オレは立彦に頑張れって言ってやりたい、という龍の発言が桜庭には許せず、龍に殴り掛かります。

桜庭のパンチは龍が掌で受け止められ、桜庭の怒りは収まらず、コーメイに羽交い絞めにされながらもキレイ事ぬかすなと龍を責め続けます。

同い年の立彦が早々とプロになろうとしてる事に悔しさを爆発させている桜庭の声を聴き、桜庭の拳を受け止めた掌を見つめる龍は、オレには一晩時間があったからね、と言います。

昨日の立彦のプレーは誰から見ても絶対プロになれるってほど圧巻だった、でもまさかその日のうちに、高2の夏前に上から呼ばれるなんて想像すらできなかったと、龍は昨日立彦から電話を貰った時の心境を語ります。

それでも立彦にがんばってほしい、プロで通用してもらいたいと言った真意を、桜庭に語ります。

立彦の凄さを肌で感じているからこそ、あいつがどう活躍するかでプロのレベルがどんなものか想像しやすくなる、これはすごい情報になる。

あと2年弱高校サッカーにいながらプロになるために何が必要かを実感できる、だろ、桜庭!と龍は熱弁します。

立彦がプロで通用しなかったらどうするんだと桜庭は率直な疑問を投げかけますが、困っちゃうんだよなと龍はノンキに答えます。

そんな龍の態度に一同からは笑いが起き、熱くなっていた桜庭も冷めてしまいました。

落ち着いた桜庭は、何が必要かピーンときたと唐突に言い出しました。

タイトルだ!それも一つや二つなんてしけた話じゃねえ!夏、冬、夏、冬、4つ獲れるじゃねーか!

夏のインターハイと冬の選手権を、2年間でなんと全て獲ると驚きの発言をして見せました。

周りは、無理ムリ、野望が過ぎるだろうと冗談に捉えているようで笑い飛ばしていましたが、桜庭の目は本気で、やってやるよ!と宣言しました。

立彦の後追いになるのが気に食わない桜庭は、高校にいるうちに立彦をぶっちぎってやると言い、全国4連覇の箔を付ければ立彦が通用するかは関係なく、プロのほうが桜庭を欲しがると、意外と計算しているようです。

そう宣言して高々と掲げた桜庭の指を掴んだ龍は、乗った!と桜庭のタイトル総ナメのぶっとんだアイデアに同調します。

そして8月、武蒼高校は初のタイトルまであと一歩、インターハイ決勝に臨みます。

 

感想

立彦と渡り合った自信があった龍だからこそ、立彦がプロで通用する事を分析材料にするという判断が出来たんでしょう。

本人も言っていますが、その判断が出来たのは一晩考えたからで、桜庭と同じタイミングで知らされていたら、桜庭の怒りに同調しないまでも、止める事は出来なかったでしょう。

高い志を持ってプランを立ててそれを実行する努力を重ねる龍の十八番を奪うような桜庭のタイトル総ナメ宣言は驚きましたね。

すぐにインターハイ決勝の場面になりましたが、確かにレッズユースに競り勝つ力があるチームは高校レベルではそう簡単に負けないですからね。

レッズユースとの戦いで武蒼は数段レベルアップできたようです。


龍と桜庭が激突して、せっかく築いた信頼関係が崩れてしまうのかと思いましたが、お互い成長しているって事ですね。

桜庭が龍に殴り掛かった時に、阿部が周りを気にしてキョロキョロしてたのが印象的でした。


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新368話で武蒼が初タイトルへの道を歩み始める

 

全国へのリベンジ

武蒼高校は龍が1年生の頃、小早川率いる聖和台高校を破り、冬の選手権に出場しましたが、2回戦の福岡南戦は1対1のままPK戦に突入し、優人のミスで敗退してしまいました。

当時主力だった3年生はその試合で引退し、優人は長くその時の事を引きずってしまいましたが、立ち直ってからは精神力が一段と強くなりました。

今回のインターハイは新メンバーですが、先輩たちの思いを引き継いで、そして一番は自分たちの大きな野望の為に初のタイトルを手に入れてほしいです。

 

武蒼の新戦力に期待

大浦カップの時はまだ1年生の出番はありませんでしたが、インターハイが行われている夏には戦力として計算できる成長を遂げている1年生がいてもおかしくありません。

セレクション組のミッドフィルダー稲村憲介は技術とフィジカルを備えており期待が持てますし、一般入学組の飯田徹矢は技術は未熟ですが圧倒的なスピードが持ち味で、武蒼のポゼッションサッカーの域まで技術を上げるのは時間がかかるかもしれませんが、一芸に秀でている選手は勝負所で有効です。

 

漫画『BE BLUES』最新368話で蛍城の硬い守備が武蒼を阻む

 

蛍城の主力選手

インターハイ決勝の対戦相手は青森・蛍城高校には、龍が高校選抜合宿で対戦した選手がいます。

ディフェンダーの富野祐世は高校選抜のレギュラーとしてドイツ遠征にも参加している実力者です。

富野が率いるチームとなると、守備が硬いチームである可能性が高いです。

高校サッカーでは守備を固めてカウンター攻撃を主軸とするチームが多く、インターハイの決勝に進出するのであればトップクラスの守備量となります。

U-20代表ディフェンダーの荻本と渡り合った龍や桜庭にとっては攻略できそうな感もありますが、個人技術に特化した3バックのレッズユースとは違う種類の堅牢さがありそうです。

 

武蒼の更に洗練された攻撃陣が炸裂

レッズユース戦で確固たる攻撃スタイルを見つけ、連携も強化された武蒼は、インターハイまでに更にレベルアップしているはずです。

相手によって形を変化させる3トップは、龍の判断力でどんな相手にも有効な攻撃を仕掛けられるよう進化しています。

PKに嫌な思い出がある武蒼高校は、90分で勝負を決めてタイトルを手に入れたいところです。


桜庭の宣言から一気に時間が進みましたが、その間チームは成長しているはずなので、新しい攻撃パターンにも期待したいですね。

1年生がインターハイで公式戦デビューしたら面白いですね。

関連記事:BE BLUESネタバレ最新369話「日本一でも追いつけない立彦の活躍」

 


スポンサーリンク



漫画『BE BLUES』最新368話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『BE BLUES』最新刊を無料で読める方法は?

be blues ネタバレ 最新 329話

今までは、漫画好きの皆さんから好まれていた漫画村で全巻を無料で読めましたね。

しかし、ついに国からも目をつけられ、閉鎖の道を歩まざるを得なくなりました。

だからといって、zip・rarなどでダウンロードするのもPCウイルスなどの危険性もありますので、控えた方がいいですよ。


また、最近では違法アップロードサイトに対する違法性がとても注目されつつあります。

インターネット上にアップした側だけでなく、違法アップロードと知った上で漫画を読んだ方も刑罰の対象になるおそれがあります。

そこで、今回は漫画『BE BLUES』を最新刊を今すぐ読める電子書籍アプリをご紹介していきます。

それは映画・ドラマ・漫画・アニメと楽しめるマルチなサービスU-NEXTになります。

今回、U-NEXTをオススメさせて頂く理由はただ1つになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施しています。


私も実際に無料トライアル期間という事でU-NEXTに登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんの読みたい漫画『BE BLUES』全巻も揃っていますよ!

be blues ネタバレ 最新 329話

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式HPはこちら<<

 

漫画『BE BLUES』以外には他に何が読めるの?

2018年4月現在のU-NEXTで人気のある漫画本は下記になります。

また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ!

電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

BE BLUES ネタバレ 最新 368話 まとめ

今回は、2019年3月6日発売の週刊少年サンデー連載漫画『BE BLUES』最新368話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

立彦のプロデビューすらも自分たちの成長に繋げようと提案する龍に桜庭は高校タイトル総ナメを宣言しました。

桜庭の本気を感じ取り、同じ気持ちでタイトルを狙いに行くと誓う龍たち武蒼イレブンは早速、最初のタイトルがかかった夏のインターハイ決勝に挑みます。

レッズユース戦を経験して大きく成長した龍が、一気に全国区の活躍をみせます!

▼無料で漫画が読める時代に▼

▲スマホで漫画を読むならココ▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BE BLUESネタバレ最新367話「龍が立彦に追いつく決意をする」

BE BLUESネタバレ最新367話「龍が立彦に追いつく決意をする」

BE BLUESネタバレ最新339話

BE BLUESネタバレ最新339話『龍と荻本の直接対決』

BE BLUESネタバレ最新338話

BE BLUESネタバレ最新338話『レッズユース戦スタート!』

BE BLUESネタバレ最新372話「サッカーより恋愛に注力する龍と優人」

BE BLUESネタバレ最新372話「サッカーより恋愛に注力する龍と優人」

BE BLUESネタバレ最新349話

BE BLUESネタバレ最新349話「レッズ次期エースの三石慶吾」

be blues ネタバレ 最新 330話

BE BLUES最新330話ネタバレ考察!龍はゴールを決める事ができるのか!?